記事

「国民との徹底した対話」 小川淳也が立憲にもたらした新しい政治文化

聴衆の訴えに涙をこらえる小川。=29日、有楽町駅前 撮影:田中龍作=

 恒例となった感さえある小川淳也の青空対話集会。最終日となったきょう29日、会場の有楽町駅前には、平日の日中であるにもかかわらず、大勢の聴衆が集まった。動員ではない。

 小川は手短に演説を済ませると、聴衆からの発言を受け付けた。
 
 トップバッターは「自分は30代」という男性だった。少し長くなるが男性の発言内容を記す―

 「民主党政権が登場した時(2009年)、これから何かが変わるのではないかと期待したが、政治に捨てられた。政治に裏切られた。

 震災、コロナショックなど歴史的な事件が起きるたびに政治の救いに期待を託していたが、願いは届かなかった。

 いま庶民に手を差し伸べてくれる強力な野党を作る必要がある。自民党から俺たちの政治を取り戻して下さい」。

 男性は嗚咽しながら訴えた。

小川はワンフレーズ、ワンフレーズ噛み締めるようにして語りかける。=28日、有楽町駅前 撮影:田中龍作=

 小川も目に涙をためながら応じた―

 「私たちの手で、庶民の間から根を生やすように生まれてきた政治を、私たちの物として作り直して行く以外に選択肢はありません」。

 小川のモットーは「対話こそが政治の原点」だ。「対話の中からしか新たな可能性はない」と言いきる。

 対話集会の開催時間内で発言できなかった人たちに対して、小川は集会後も個別に話を聞く。長蛇の列ができるほどだ。

 小川は「我々の仲間が全国津々浦々で対話を繰り広げていく」と抱負を語った。

 国民との対話がないところに裏切りと政治不信が生まれる。民主党(立憲の前身)がそうだった。

 「消費税は増税しない」とマニフェストで国民に約束し、政権の座に就いた民主党は、約束を反故にして消費税を増税した。

 国民との対話はなく政党間の合意だけで増税が決まったのである。
 
 「低調な代表選」とマスコミは冷ややかだが、新しい政治文化が生まれる可能性がある。

 対話による政治が根付けば、政治への信頼が生まれるはずだ。

  (文中敬称略)

小川は対話集会が終わった後も個別に話を聞く。人の列は1時間も2時間も続く。=28日、有楽町駅前 撮影:田中龍作=

    ~終わり~

田中龍作の取材活動支援基金

■郵便局から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751

■郵便振替口座

口座記号番号/00170‐0‐306911

■銀行から振込みの場合

口座:ゆうちょ銀行
店名/ゼロイチハチ・0一八(「ゆうちょ銀行」→「支店名」を読み出して『セ』を打って下さい)
店番/018 預金種目/普通預金 口座番号/6205675 口座名/『田中龍作の取材活動支援基金』

■ご足労をおかけしない為に

ゆうちょ銀行間で口座引き落としができます。一度窓口でお手続きして頂ければ、ATMに並んで頂く手間が省けます。印鑑と通帳をお持ち下さい。
記号/10180 番号/62056751 口座名/タナカリュウサクノシュザイカツドウシエンキキン

連絡先
tanakaryusaku@gmail.com
twitter.com/tanakaryusaku

あわせて読みたい

「小川淳也」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    共産党に近づくことで信頼を失う立憲民主党 世論は選挙協力にも反対

    WEB第三文明

    01月17日 15:37

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。