記事

「“岸田は慎重すぎる”というご批判については負う覚悟だ」岸田総理


 新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」について、岸田総理は29日午後、外国人の新規入国を停止する考えを明らかにした。

【映像】オミクロン株「懸念すべき変異株」指定 国立感染研

 岸田総理は「緊急的な対応について、是非、国民の皆さんにご協力をお願いしたい。オミクロン株の病毒性、ブレークスルー感染力については、いまだ世界的に専門家ネットワークの分析が行われている途上の状況にある。しかしながらWHOは26日、“懸念される変異株”に指定した。よって、わが国も最悪の事態を避けるために、緊急避難的な予防措置として、まずは外国人の入国については30日午前0時をもって全世界に対して禁止、日本人等についても、南アなど9カ国に加えて、感染が確認された14の国と地域から帰国する場合は、リスクに応じて指定施設における厳格な隔離措置を実施する。これは情報がある程度明らかになるまでの臨時・異例の措置」とコメント。

 その上で、「なお、わが国はG7の中でも最高のワクチン接種率、2回目の接種から最も日が浅い状況にある。マスク着用をはじめ、行動自粛への国民の協力についても世界が称賛している状況で、オミクロン株のリスクへの耐性は強いと認識しているので、落ち着いた対応を呼びかけたい。未知のリスクには慎重の上にも慎重を期すべきとかんがえ政権運用を行っているが、まだ状況がわからないのに、“岸田は慎重すぎる”という批判については負う覚悟だ。ご不便をおかけする国民の皆さまにはご理解をいただきたい」と述べた。

  • 【映像】「オミクロン」命名は習近平氏に配慮か?WHOが回答
  • 【映像】欧州でコロナ再拡大も…日本で感染者が増えない3つの理由
  • 「オミクロン株」13人確認 オランダ保健当局
  • あわせて読みたい

    「新型コロナウイルス(変異株)」の記事一覧へ

    トピックス

    1. 一覧を見る

    ランキング

    1. 1

      菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

      音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

      01月20日 09:29

    2. 2

      コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

      中村ゆきつぐ

      01月20日 09:14

    3. 3

      EU完全離脱から1年 うぬぼれ屋のイギリス国内に広がる“後悔”

      木村正人

      01月19日 11:08

    4. 4

      <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

      メディアゴン

      01月20日 09:40

    5. 5

      「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

      PRESIDENT Online

      01月20日 09:00

    ログイン

    ログインするアカウントをお選びください。
    以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

    コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

    ※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。