記事

宅配需要と経済再開で段ボールメーカーの業績回復へ

コロナ禍で通販や宅配が浸透し、何かと段ボールのお世話になることが増えた。2020年度(2020年4月-2021年3月)の段ボールメーカー647社の業績は、コロナ禍で一部産業向けが落ち込んだが、小幅な減収減益にとどめた。2021年度は根強い宅配需要と経済活動の再開で生産が回復し、再び成長軌道に乗りそうだ。

全国段ボール工業組合連合会によると2021年1-9月の段ボール生産数量は前年同期比3.7%増と伸びている。業界大手のレンゴー(株)(TSR企業コード:570222265、東証1部)は、幅広い分野で好調を維持し2021年4-9月(中間)の連結売上高、純利益がともに上場以来、過去最高だった。

 好調が続く段ボール市況だが、一方で巣ごもり需要の反動減や原材料高騰、脱段ボールの動きなど、新たな動きも出ている。

2020年度はコロナ影響で減収減益

段ボール製造業や段ボール箱製造業、段ボール原紙製造業を「段ボールメーカー」とし、647社の業績を分析した。

 647社の売上高合計は、2020年度が1兆8,805億1,600万円(前期比4.3%減)で、当期純利益も最新期は585億4,900万円(同1.1%減)と減収減益だった。

 2019年度の売上高計は、1兆9,651億6,000万円(同2.5%増)と伸ばし、利益計も592億2,900万円(同77.9%増)だった。一転して、減収減益に転じた背景はコロナ禍による経済活動の停滞、需要の減退が大きい。

中小企業も多く、収益力に差も

 段ボールメーカーは、資本金1億円未満が605社(構成比93.5%)と9割超を占め、業界の大半は中小企業で成り立っている。
 2020年度の赤字は、178社(同27.5%)で、前年度から9.6ポイント上昇し、赤字企業が約3割に迫った。

 資本金1億円以上の大企業で赤字は42社のうち、4社(同9.5%)にとどまる。1億円未満の中小企業(個人企業他を含む)が605社のうち、174社(同28.7%)が赤字だっただけに、規模格差が収益格差につながっている。

 引越や宅配では、脱段ボールの動きもあり、段ボールを使わない配達も目立ち始めた。段ボールは95%以上がリサイクルされているが、今後もゴミ削減など環境に配慮した技術革新が求められる。

 また、古紙価格などの原材料や生産コストが上昇すると、収益圧迫につながる。
 当面、段ボール需要は堅調な推移が見込まれるが、段ボール以外の生産多角化や、大手と段ボール専業の中小との二極化の進行など、業界再編が進む兆しも見え始めた。

あわせて読みたい

「宅配業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。