記事

運転免許取得 学科教習でオンライン 問題なのは学科試験が機能していないこと

 コロナ禍の中で、運転免許取得のための学科教習がオンラインになっています。

運転免許学科教習、遠隔で 帯広第一自動車学校、管内初のオンライン 遠方通学生の負担軽減」(北海道新聞2021年11月15日)

 しかし、問題はないのでしょうか。同記事にもデメリットが記載されていますが、理解が不十分になっているとか、そもそも聞いちゃいないというものまであります。
 そうでしょうね。大学の講義だって同じようなものだと思うし、弁護士会の会議もそんな風潮がありますから。
オンライン授業がそんなにいいの? 大学の在り方を問う

 記事の教習所は帯広市にあることから、近隣の町からも通ったりもしているでしょうが、実際学科教習のためだけに教習所に行くことは少なく、実技教習の合間に受けますから、それほどのメリットとは思われません。

 必要なコマ数さえ受講すれば仮免試験、本試験に進めます。
 問題なのは、そのレベルでも学科試験が通ってしまうということの方ではないでしょうか。

運転免許の学科はオンライン化 学科の形骸化を防止するには学科試験の判定機能を強化すること

 実際に合格した人たちの中にもその知識が危うい人たちは決して少なくありません。横断歩道の前で一時停止しないというお行儀の悪さは、半分は止まらなければならないという知識も欠如しているのではないかとさえ思えます。

 方向指示器を付けるのはどの時点か、を答えられない人は少なくないのではありませんか。
 単純に曲がるときとしか、答えられないような人ばかりのように思います。
 例えば、問題文として、「方向指示器を付けるのはどのような場合か」を論述式で出題したら、どの程度の人が合格点を取れるでしょうか。
 もちろん「曲がるとき」では不合格です。

 何故、という部分の理解がないから、正しく合図を出せないとしか言いようがない状況があります。
 実際には採点が困難になるので実現不可能ですが、2択ではなく、5択にすれば簡単に難易度は上がります。




 あるいは、信号機のない横断歩道が前方にあるとき、人が横断しようとした場合、止まる必要があるかと試験問題に出れば、さすがに○をつけます。
 しかし、実際にそういった場面に出くわしたとき、人が渡ろうとしていても止まらないのは、どのような場面で止まらなければならないのかを体得していないからです。それは実技教習でたたき込む必要があります。

 一時停止ラインで停止しない車が何と多いのも意味がわかっていないことが少なくありません。一時停止しなければならないところは優先車両の通行だけでなく、見えないところから歩行者や自転車が来ることもあるからであり、その安全を確保するためです。そのような理解がないから一時停止もしない危険運転を平気でできるのです。

 なお学科試験でも理解して知識として覚えておかなければならない問題を中心にすべきです。牽引のときの間は何メートル以内などというまず実際に行うことがなく、必要なときに確認して行えば足りるようなものは学科試験問題として適切とはいえません(実際にも必要性があればJAFに依頼します)。

あわせて読みたい

「運転免許」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。