記事

人生で後悔するのは「失敗」よりも「機会損失」

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

60年近く生きてきて、人生を振り返ると「あの時あれをやっておけば」と思うことの方が「あの時にあれをやらなければ」と思うより圧倒的に多いことに気がつきます。

チャレンジして失敗するよりも、チャレンジしなかったことを後悔しがちだと言うことです。

例えば、高校生のときには高校の時にしかできないことが、20代では20代にしかできないことがあります。

その時にやっておかなければ、もう同じことをやりたいと思っても、そのチャンスがなくなってしまいます。

私が高校生の頃、AFSというアメリカの高校への1年間の交換留学制度の募集がありました。チャレンジしたかったのですが、勇気がなく応募を諦めてしまいました。選ばれていたかどうかはわかりませんが、あの時に海外経験していればとの後悔が、今でも残っています。

「チャンスの女神に後ろ髪はない」と言われます。

自分の目の前をせっかくチャンスが通り過ぎていくのに、つかむのを躊躇しているうちに、逃げていってしまう。

そして、そのタイミングを逃せば、一生後悔することになるのです。

私の人生の大きな転機の1つは、35歳の時のマネックスへの転職でした。大学時代のクラスメートが4人で立ち上げた売上ゼロ、顧客ゼロのベンチャー企業に、大手外資系金融機関からの転職です。

安定した高収入の仕事から、収入も大きく下がる将来の保証のないベンチャーへの転職で、正直心が揺れました。でも、最後に決断できたのは「やらない後悔」を後から感じたくないという強い気持ちでした。

リスクの高いチャレンジでしたが、やって後悔することよりもやらなくて後悔することの方が大きいと思い、思い切って最終決断したのです。

結果はともあれ、自分が良いと思ったことに素直にリスクをとって決断できたことに、今も満足しています。

「死ぬこと以外はかすり傷」と言う言葉の通り、リスクを取ってもし失敗したとしても、いつでもやり直すことができます。

やって後悔することより、やらなくて後悔することの方が多い。私と同じようにそう考える人は、何かをやるかやらないか悩んだら、やってみるという判断をするように心がけるべきです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年11月28日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「ライフスタイル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    大企業で出世する人の特徴と、会社組織で働くことに向いていない人の特徴

    ktdisk

    01月17日 13:17

  3. 3

    共産党に近づくことで信頼を失う立憲民主党 世論は選挙協力にも反対

    WEB第三文明

    01月17日 15:37

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    回し蹴りに自殺未遂「なんそれ!」ではすまされないZAZYの壮絶すぎる生い立ち

    いいんちょ

    01月17日 11:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。