記事

女性のファンも多い萌えキャラだが、観光地としてこれでよかったのだろうか?…「温泉むすめ」論争から考える、日本の“萌え”文化

1/2


スタジオでの議論の様子 »

 温泉地をモチーフにしたキャラクターによって、その魅力を国内外に発信しようという地域活性化プロジェクト「温泉むすめ」。2019年には実績が評価され、観光庁が後援するまでに成長。飯坂温泉(福島県)の観光協会が公式Twitterで「若い方が温泉街や地域の人を気に入って何度も福島に来てくれるなんて素晴らしいじゃありませんかw」とツイートするなど、地元では好意的に受け止める声もあった。

【映像】温泉むすめに物議"萌えキャラ"起用で温泉街の苦境打開?



 ところが今月に入ってTwitter上を中心に“女性蔑視”などの批判の声が相次ぐと、「スカートめくり」「夜這いがあるかも」といった箇所に修正が施され、運営会社が「一部説明不足なところがありましたので加筆・修正しました」と発表するに至っている。

 23日『ABEMA Prime』では、批判を浴びる“萌え絵”とは何なのか、また、観光地が積極的に起用するのはなぜなのか、全国の自治体が制作するようになった“ゆるキャラ”ではダメなのだろうか。

■「そういう目で見ていた自分を殴ってやりたいと思った」



  アニメ『ラブライブ!サンシャイン!!』のファンだというロンドンブーツ1号2号の田村淳は「恋愛が苦手な人が、その対象をアニメのキャラに持っていっているのだと思いながら見始めた。そうしたら、全く違った。作品を見終わった後、そういう目で見ていた自分を殴ってやりたいなと思うくらいだった。

そして作品の舞台として“聖地”になっている沼津に4回も足を運んでいる。『ラブライブ!サンシャイン!!』を見なければ、そこまでに行くことはなかったと思うし、沼津の良いところをたくさん知ることができ、友達の輪も広がった」と振り返る。

 「ところが『ラブライブ!サンシャイン!!』のキャラクターが、寿太郎みかんという地元の特産品のPRに使われたとき、温泉むすめと同じような現象が起きてしまった。作品を見ている人たちの中に、そういう人が一人もいないとは言い切れないが、女性を性的な目で見ているような作品ではない。違法なものでもなく、地域も盛り上がっているという事実が抜けたまま議論が加速すると不毛な状況になってしまう。

僕もTwitterで攻撃していても仕方ないと思い、ファンとしてできるのは寿太郎みかんを買うこと、作品を見ることだと呼びかけた。それに対しては、批判の声は全く来なかった。どっちが正しいのかという議論をやりはじめると、バチバチになってゴールがないと感じている」。



 近畿大学総合社会学部の岡本健准教授は「かつてはアニメ好きの人たちを“萌えている人”たちなどと呼んでいたが、今は“推し”という言葉に吸収されている感じがあるし、そもそも萌え絵というものがどういうものかということについても、それぞれが違うものを想像しながら話をしだすので、どうしてもムチャクチャになってしまう部分がある。千葉県松戸市のVTuberの件を見ていても、発端となった出来事からネット上の議論が遊離してしまい、相手をやっつけることが中心になって皆が気分が悪くなっていくのは不毛だ」と指摘した。

■普通の若者も楽しむものになった「萌え」



 そもそも、萌えとはどういう意味をもの言葉なのだろうか。ジャーナリストの佐々木俊尚氏は今回の論争について「ネット上のフェミニストの主張の一つに、“性被害を助長する”というものがあるが、それを言い出したらミステリー小説には殺人事件の“ご当地もの“もある。また、これらのキャラクターは誰かをモデルにしたわけでもなく、“非実在”のもの。実在する少女に向かうわけではないという意見も正しいと思う。

このようなTwitter上でのフェミニストとオタクによる論争を見ていると、“気持ち悪い。不快だ”という理由で批判している人も多いが、それだけでは表現を規制するための論拠にはならない。なぜなら世の中には自分にとっては気持ち悪くても、誰かにとっては好まれるというものが山ほどあるからし、世の中のあらゆる表現がダメになってしまう可能性が出てくるからだ」と批判。

 その上で「例えばシンデレラや白雪姫などの子ども向けの絵本を見ると、ほとんどがアニメ、しかも萌えキャラに近い感じの絵になっていることが多い。つまり、昔と違って、こうした絵柄が社会に普通に存在するようになっているのであって、宅八郎のようなオタクのイメージの人たちというよりは女性も含めた普通の若者が楽しむのが当たり前になってきているということだ。その意味では、時代の流れに付いていけていない人が文句を言っているという構図になっている感じもしなくはない」との見方を示した。



 こうした意見に対し、「えろ漫画家」のピクピクン氏は「海外ではゲーム業界に圧力がかかり、キャラクターがどんどん“ゴリラ化”しているという現象が起きている。例えば『トゥームレイダー』というゲームに出てくる、剣で戦う美少女に対し、“もっと胸は小さくして、体つきはゴツくして”という流れになっている。佐々木さんは“表現の規制はすべきではない”とおっしゃっていたが、日本にこういう動きが来るかもしれない。

とはいえ日本では、鉄道などでも萌えキャラが使われているし、『刀剣乱舞』や『ウマ娘』によって、それまで興味のなかった人が寺社仏閣や競馬場に行くようになっている。それは地域への貢献にも有効だ。批判する意見と、どう折り合いをつけることを考えなければならないと思う」とコメント。

 佐々木氏も「確かに欧米のポリティカル・コレクトネス、いわゆる“ポリコレ”の流れは、間違いなくそういう方向に行ってしまっているので、Twitter上のラディカルなフェミニストたちもそのことを盾にして押し切れると思っている節がある。

しかし萌え的な文化というのは、日本に古来からある、幼いものを好むとか、ピュアなものが好むといった伝統にも根ざしているわけで、それらを潰してまで欧米のポリコレを導入すべきなのかという議論まで広げ、これは日本文化の一つだと、歯止めをかけた方がいいのではないか」と賛意を示した。

あわせて読みたい

「フェミニズム」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。