記事

ひさしぶりの良作なのにかわいそう…NHKが朝ドラ存続のために今すぐやるべきこと

1/2

NHKの連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」が視聴率で苦戦している。本作だけでなく、「朝ドラ」は直近2作が視聴率20%以下で、右肩下がりになっている。コラムニストの矢部万紀子さんは「朝ドラらしい良作なのに視聴率が低空飛行している原因は、NHKの放送スケジュールにある」という——。


11月に放送開始した連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」(NHK) - 画像=NHKのウェブサイトより

朝ドラが描く「何者かになりたい」ヒロインの姿

朝ドラ「カムカムエヴリバディ」の視聴率が振るわない。11月1日からスタートし、第1週の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区、世帯視聴率=以下、すべて)が15.5%、2週が16.0%、3週は15.7%。ここまでのところ、前作「おかえりモネ」の期間平均視聴率16.3%を超えた週はない。

「カムカムエヴリバディ」はとてもよくできた朝ドラだ。個人的には、2017年に放送された「ひよっこ」以来の佳作だと思っている。それなのに、視聴率がついてこない。なぜなのだろうか、を考えていく。

自分のことから書くと、長く会社員生活をし、長く朝ドラを愛してきた。「何者かになりたい」ヒロインの姿に自分を重ね、慰められ、励まされてきたからで、『朝ドラには働く女子の本音が詰まってる』(ちくま新書)という本も出版した。女性の生きる困難さ、一生懸命さの先に見えてくる明かり、それがウエルメイドに描かれると心をもっていかれる。

8話のあるシーンで「良い作品だ」と確信

「カムカムエヴリバディ」は、間違いなく名作の系譜に入る。岡山の小さな和菓子屋の娘・安子(上白石萌音)の「身分違いの恋」を胸キュンで描きつつ、「働く女子もの」になる萌芽も見える。しかも恋の相手=繊維会社の跡取り息子で大学生の稔(松村北斗)が、高身長でハンサム。私好みで期待しかない。

2人は15話で結婚、安子は16話で出産した。早い展開だが、心理描写は周辺人物も含め、すごく巧みだ。何度も涙を流して見ているが、中でも印象的だった2話があるので紹介する。

恋愛シーンで心をもっていかれたのが8話だ。父に見合いを勧められた安子は、会いたくて稔の大阪の下宿を訪ねる。この近くに紅白饅頭を届けに来たと嘘をつく安子。2人で楽しく過ごして帰る汽車でこらえ切れず泣き出し、岡山に着いても立ち上がれない。人が近づいてきたので「すみません、すぐ降ります」と言って立つ。すると、そこに稔。「なぜ?」と驚く安子に、そんな小さい鞄一つで配達だなんて、と稔。

胸キュンとはこのことだ。稔、追いかけてきたのね。ステキ。「なんで泣いてるん? 安子ちゃん、何があったの?」という台詞に「韓流ドラマか」と心でつっこむ。巧みな恋愛シーンはかの国の専売特許のようになっているが、我が朝ドラだって負けてはいない。そう、働く女子に恋愛は必需品。父の勧めと恋心、その板挟みで泣く安子。その切なさが、まるで自分の切なさのよう。これはいい朝ドラだ、と確信した。

良い話の回の視聴率はやっぱり良い

次が13話。冒頭、ラジオがミッドウェー海戦の“勝利”を告げている。安子の兄が出征、和菓子職人も次々と出征する。人手もなく、材料も手に入らなくなった作業場に、父が一人で座っている。そこに安子。のれんから顔を出し、「お父さん、私にできることねえ?」と聞く。父は、こんなことなら稔との交際を認めていればよかったと返す。

お父さん、違うよ、と心でつぶやく。安子は「和菓子の仕事をするよ」と言ってるんだよ、と。でも、父はそう思わない。仕事は男がするものだから。安子も作業場には入らず、遠回しにしか言わない。それが1942年の女子。でも、わかった。これはきっと、安子が和菓子作りにかかわることの伏線。いずれ結婚する夫は、戦場から帰らないかもしれない。でも、安子は自分の足で歩いていく。これが朝ドラ、希望が灯った。

というわけで、「カムカムエヴリバディ」は素晴らしいと力説した上で、ここからが視聴率の話だ。印象的だった8話と13話、視聴率を調べたら16.5%で、これは23話までの数字では最高だ。つまり、良い話の回は良い数字。実にシンプルな結果だ。わかってる人はわかってる、と言ってもいいだろう。やはり、視聴率の低迷は内容以外に原因がある。この数字からもそう思う。で、ここからは私の推論だ。

コロナの影響で大きくずれた放送スケジュール

問題は、放送時期の「ずれ」だと思う。1961年4月に放送が始まった朝ドラは、最初からずっと「年度」で動いてきた。1974年までは1年1作、1975年から年2作。以後ずっと「4月1日(前後)に始まり、9月30日(前後)で終わる」と「10月1日(前後)に始まり、3月31日(前後)で終わる」というリズムを基本としてきた。それが、2020年度の「エール」から大きくずれたのだ。

原因は新型コロナウイルスだ。3月30日に始まった「エール」は全130話を予定していた。NHKの働き方改革の一環として、1週の放送が6話から5話になったので、単純計算なら9月25日で終了、次の「おちょやん」が9月29日スタートとなるはずだった。

ところがコロナ禍で撮影が中断、6月26日(65話)を最後に放送も休みとなった。再放送でつなぎ、放送が再開されたのが9月14日。その時は「今後の放送スケジュールは未定」とされていたが、11月27日に終わった。予定より10話少ない全120話、期間平均視聴率は20.1%だった。

あわせて読みたい

「連続テレビ小説」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。