記事
  • ロイター
  • 2021年11月26日 18:51 (配信日時 11月27日 07:42)

南アは透明性を持って行動、渡航制限は不当=保健相


[ヨハネスブルク 26日 ロイター] - 南アフリカのジョー・ファーラ保健相は26日、同国で新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたことを受け、各国が渡航制限を課したことは不当だとの見解を示した。

同相は会見で、南アは透明性を持って行動しており、渡航禁止は世界保健機関(WHO)の規範や基準に反すると述べた。

これまでのところ、新変異株は南アを中心とした比較的少数の地域でしか検出されていない。

WHOは26日、南アフリカで検出された新型コロナウイルスの新たな変異株「B.1.1.529」を「懸念される変異ウイルス(VOC)」に指定した。

英保健当局によると、新たな変異株「B.1.1.529」はオリジナルのコロナウイルスとは劇的に異なるスパイクタンパク質を持ち、ワクチンの効果が低い可能性があるという。

英政府は26日から南アと隣接するナミビア、ボツワナ、ジンバブエ、レソト、エスワティニの計6カ国からの航空機乗り入れを一時的に禁止し、これらの国から帰国した英国人に隔離を義務付けると発表した。

また英国に続き、欧州や米州でもアフリカ南部からの入国制限を課すなど、対応強化を発表する国が相次いでいる。

英政府の報道官によると、ジョンソン英首相と南アのラマポーザ大統領は26日午後に会談し、往来を再開する方法について話し合った。

南アのパンドール外相は声明で、「われわれの当面の懸念は、この決定が両国の観光産業とビジネスの両方に与えるダメージだ」と指摘。外務省は英国に再考を促す意向を示した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  6. 6

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

  7. 7

    オミクロン株に悲観し真っ先に急落 日経平均の脆弱さ

    韋駄天太助

    11月29日 12:09

  8. 8

    すべてのページは読み切れない…無印良品が2000ページのマニュアルを作る本当の理由

    PRESIDENT Online

    11月29日 12:52

  9. 9

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  10. 10

    再送日本政府、外国人新規入国を全面禁止 30日から「当面1カ月」

    ロイター

    11月29日 14:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。