記事

「パパ活はみんなやっている!」過熱するパパ活ブームの裏側 - 中村淳彦

1/2

女性がデートの見返りにお金を援助してくれる男性を探す「パパ活」。今、コロナ禍で困窮した女性たちが一気になだれ込んできているといいます。パパ活は、セーフティネットからこぼれ落ちた女性たちの必死の自助の場だという『パパ活女子』(中村淳彦著)より、冒頭の「はじめに」を抜粋してお届けします。

(写真:iStock.com/west)

衰退国家から生まれた「パパ活」現象

緊急事態宣言中の東京新宿、午後4時。たまたま入った老舗喫茶店は、ほぼ満席だった。新宿三丁目エリア、普段は学生やビジネスマンがおもな客層だ。暇つぶしに本を読んでいた。しばらくして、ふと見まわすと、店内は40~50代の中年男性と20代の若い女性のカップルばかりだった。それぞれのカップルたちには笑顔も、醒めた表情もあったが、総じて不自然な違和感を放っている。

違和感は2人の関係性がわからないことが理由だった。彼らは親子ではないし、上司と部下には見えない。夫婦や恋人同士にも見えず、商談でもなさそうだ。しばらくしてから、カップルたちのほとんどがパパ活の“顔合わせ”であることに気づいた。緊急事態宣言下の夕方の老舗喫茶店は、パパ活カップルだらけだったのだ。

パパ活はおもにインターネットのアプリ、または交際クラブを通じて行われる。顔合わせとは、オンラインや交際クラブで繋がった男女が、最初に顔を合わせるアポイントのことだ。初めて出会った男女は1時間程度の顔合わせで、お互いを値踏みし、これから目の前の異性とどう付き合っていくか決める。交際をするかしないか、交際するならば、男性が女性に支払う金額はじめ、どのような条件かを話し合う。

パパ活は、代金をもらって女性がサービスを提供する風俗や水商売、援助交際とは異なる。似て非なる行為である。

パパ活はオンラインや業者を通じて男性と女性が出会い、そこから長期的な関係を目指す自由恋愛であり、どのような関係を構築していくかは2人で決める。ソープランドのような違法行為を誤魔化すための建前の自由恋愛ではなく、関係のなりゆきは双方の意思に委ねられることがパパ活の大きな特徴になる。

これから本書には多くのパパ活女子が登場する。女子大生も、医療従事者も、売れないモデルやタレントも。そして誰もが口を揃えていうのはこうだ。

「パパ活はみんなやってるよ!」

ビジネスマンや学生が利用するこの喫茶店がパパ活カップルだらけなことが象徴しているが、いまは過熱状態ともいえるパパ活ブームの最中だ。

特に都市部の20代女性においては、パパ活はもはや常識で、経済的な問題を解決するための選択の一つとして、同年代の女性間では十分に認められている。たとえば友だちがパパ活をしているなら、否定することなく、受け止めるほうが普通だ。

あわせて読みたい

「パパ活」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  3. 3

    さて、立憲民主党は泉健太新代表の下で生まれ変わるかな?

    早川忠孝

    11月30日 15:54

  4. 4

    「なぜ女性天皇を検討しないのか」今の「皇室典範」が抱える構造的な"欠陥"

    PRESIDENT Online

    12月01日 09:15

  5. 5

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  6. 6

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

  7. 7

    維新・政調会長「次の衆院選で立憲を追い越す」

    田中龍作

    12月01日 09:43

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    岸田総理の鎖国は少子化対策を先送りにしてこうなったのと同じ世紀の愚策と断言する

    永江一石

    11月30日 17:33

  10. 10

    ダンボール箱2個に現金1億1400万円 匿名の寄付金に感謝

    笹川陽平

    11月30日 09:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。