記事

このままでは“2世”や企業経営者、士業の人しか立候補できなくなる…落選して“ただの人”になった議員経験者が活躍できる日本社会に

1/2

菅野志桜里さんらが語る“浪人時代” »

 立憲民主党の木村剛司さんは2009年、旧民主党が政権交代を果たした衆院選で初当選した。ところが自民党が政権を奪回した2012年の衆院選で落選以来、先月の選挙も含め4回連続で落選してしまっている。再び国会議員になる日を目指して活動を続ける木村さんだが、一番の問題は“経済面”だと明かす。

【映像】落選議員のキビシイ現実 成功は一握り?第二の人生に壁も


 「個人献金をいただくこともあるし、党からの月50万円ほどの交付金もあるが、会合の会費や秘書を含めたスタッフの人件費、事務所の経費や街宣車の維持経費などの全ては賄えず、赤字状態だ。生活費に関しても、まとまったお金が必要な時には親族からのものも含め、借り入れでやりくりをしている」。

 こうした悩みを抱えるのは、一度は議員を経験した人たちも同じだ。再就職の問題、生活費の問題…。『ABEMA Prime』が話を聞いた。

■2世や企業経営者、資格のある人しか立候補しなくなる


 財務官僚出身で、2003年以降3期8年にわたって衆院議員を務めた田村謙治さんもまた、旧民主党から出馬した2012年の選挙で落選。2017年の選挙では希望の党から立候補したが、再び落選してしまった。


 「2012年の落選の際には、“とにかくもう1回、必ずやろう”という思いだったので、迷いはなかった。衆議院の場合、いつ解散があるか分からないので、総選挙の翌日からの挨拶回りも含め、全てが次に繋がってくる。万が一落ちた場合にどうしよう、といったことを落ち着いて考える余裕もなく、ひたすら地元活動をしていくことになる。


 だから本当は応援していただいた地元の人への挨拶回りもしたいところだが、まずは約1週間で議員宿舎と議員会館内の事務所から退去しなければならないので、まずは東京で引っ越し作業だった。一番へこんでいるときの作業は本当に辛かった。加えて、秘書もほぼ全員をクビにせざるを得ないので、再就職の手伝いもしなければならない。映像を見てとても懐かしく、悲惨な思い出として蘇ってきた」。


 現在はコンサルティング会社を経営。議員時代の人脈を活かし、企業の監督省庁に対する折衝や、国会への働きかけなどを手伝っている。

 「やはり皆さんが知っているような大企業もそうだし、中央省庁にしても議員経験者の中途採用というのはなかなかない。そうすると中小企業とか、ベンチャー企業とかオーナー社長がおもしろそうだなとか、経験生かしてやってよとかの場合が多いと思う。私の場合、4年前に希望の党から出て落選をした時は次も出るということは考えていなかったので、“さあどうしよう”という中で支援者だった親しいベンチャー企業の社長さんなどから声をかけていただいたり、私の方からも手伝いをさせてくれないかと声をかけていったりする中で、何とか顧問先や、お手伝いできる会社を増やしていった。


 ただ、やはり落選後は木村さんの話の通り、生活費も含め資金繰りが大変だった。立憲民主党などのように大きな野党であれば、次の選挙にこの選挙区から、ということで内々定をもらえていれば、総支部長という肩書きになり、活動費も支給される。私の場合も50万円を頂いていた。そう聞くと結構な額じゃないかとお考えになる方も多いかもしれないが、実際に事務所を維持して、秘書を雇って、会合の会費を支払う。当然、生活費も捻出するということになれば、とても50万円では足りない。秘書を雇わず自分1人でやったり、事務所も借りずに自宅だけでやったりと、やりくりしなければならないのは本当に大変だ。


 だから強い地盤を持つ“2世”など、出馬すれば絶対に通るという人は別として、私は国会議員を目指すのは広い意味で“変人”だと言っている。実際、いくら頑張っても落ちてしまうことはあるし、“博打”的な要素は必ずある。弁護士や公認会計士などの資格がある人、自分で会社を経営していたとか、大企業の幹部だった経歴、経験のある人であれば、いざ落選しても仕事を見つけやすいが、そうでない場合、やはり立候補に二の足を踏んでしまうケースが多いと思う」。

あわせて読みたい

「国会議員」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  3. 3

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  4. 4

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  5. 5

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  6. 6

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

  9. 9

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  10. 10

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。