記事

「家じゃ仕事にならない」落ちこぼれだけがオフィスに集結してしまう悲劇

2/2

在宅でも対面でも仕事がデキる人はできる、デキない人は…

このコミュニケーション不足に関しては会社も対策を講じている。労働政策研究・研修機構が実施した大手企業14社のヒアリング調査結果(『テレワークコロナ禍における政労使の役割』)によると、コミュニケーション不足対策として、例えばある企業(電気・電子機器、ソリューションなど)の担当者はこう述べている。

「チームの生産性にはコミュニケーションが重要であることに気づき始めた職場もあり、オンラインによるランチ会や、朝夕礼時に積極的に雑談したり、企図してコミュニケーションの時間を確保したりしようとする取り組みが見られ、会社としても推奨している」

一方、ある食品製造業の担当者は皮肉を込めてこう語っている。

「テレワークで仕事がうまく進まなくなったと言ってくるような人や部署には、新型コロナウイルス感染症の問題発生前から、もともと上手くいっていなかったようなところが多い。いわば、たまたま水が引いた結果、底が露呈したような状態。そうしたマネジメントが相談にきたら、昨年から始めた(部下と管理職の)1on1ミーティングのあり方などを研修するむしろチャンスだと捉えている」

つまり、コロナ前からコミュニケーション下手な人がオフィス勤務時代はなんとかなっていたが、対面からオンラインに変わって仕事のまったく進まない人が炙り出されたとの指摘だ。テレワークで効率が落ちたというより、もともと効率が低い人がテレワークで自分の実力を再認識した可能性もある。

自宅で仕事をするために困っている私損日本人男性ビジネスマン※写真はイメージです - 写真=iStock.com/kazuma seki

コミュニケーション下手な人とは実際にどんな人か。IT企業の人事部長はこんな事例を紹介する。

「チームリーダーの中にもコミュニケーション下手な人は少なくありません。たとえば、メンバーに『リモートワーク中は常にオンライン状態にしておけ』という人がいる。それで『どうしてすぐに電話に出ないんだ、就業時間中だろう』と畳みかけてくる。こういうやり方をマイクロマネジメントと言うが、これではメンバーも含めてチームの生産性が上がるとはとても思えない。当社はリモートワークに際して、個々の社員の自由度や裁量性を高めることで全体の生産性を上げようとしているが、いまだにオフィス勤務時代を引きずっている人も少なくない」

逆に、生産性を上げているリーダーは仕事でどんなコミュニケーションをしているのか。

「コロナ以前からコミュニケーションの総量が多いリーダーはオンラインになってもツールの使い方がうまい。相手の状況を考えて、ビジネスチャット、電話、対面を適切に使い分ける。そもそも仕事はまず目標があり、それに基づく計画に沿って進捗管理が定期的に行われていれば問題はないはずだ。どんなミッションを持ってどんな成果を出すのか、明らかにしておけばどこで働いていようが構わない。週に一回ぐらいコミュニケーションをとることにして、たまにイレギュラーな問題が発生したら、そのときには連絡するよと言っておくことが大事だ」

「落ちこぼれ」だけがオフィスに集まっても生産性が上がらない

職場内の目標と計画を共有するにはリーダーの資質も問われてくる。このIT企業の人事部長は次のように語る。

「目標も計画も明確ではないから、進捗管理もよくわからない。仕事ぶりが見えないからコミュニケーション頻度がやたらに多くなるという悪循環に陥ってしまう。目標と計画を明確にできない、ゆるいリーダーや上司ほどリモートワークはつらいと思う」

リーダーに関していえば、問題はコミュニケーションだけではない。リモートワーク下の人事評価をどうするかに悩む管理職も多い。通信系企業の人事部長はこう語る。

「成果をどう測定するかについては腹をくくる必要がある。対面の時代でもちゃんとマネジメントできる人と、できない人がいるように、リモートになったからといってそれが変わるわけではない。リモートでも部下のコンディションをチェックできるし、パフォーマンスも計れる。

対面でも評価がしっかりできていた人はリモートになっても、どうやったら評価できるかをものすごく真剣に考えるはずだ。対面でもあまり考えてこなかったマネージャーほど、リモート下では余計に難しいだろう。マネジメントできる方法論を一人ひとりがしっかり考えて実践することが大事だと、管理職に常に言い続けている」

管理職も一般社員も、リモートワークで成果を出す人は自己管理に厳しいという共通点があるという。周囲の目がなく、自由裁量がある分、より自律的な働き方が重要になる。

そうなると、そこからこぼれ落ちる人も出てくるだろう。すでに、自称「テレワークのせいで生産性が下がってしまった」と嘆く一部の社員を、フルリモートから一部出社に戻す動きも出ている。

オフィスビルの夜※写真はイメージです - 写真=iStock.com/LeoPatrizi

だが、前述したように、テレワークでの生産性や仕事効率の低下は、「通信設備など環境の悪さ」や「コミュニケーションの減少によるチームワーク不足」といった面も否めない。しかし、その一方、テレワークのせいではなく、単純に本人の仕事のやり方がマズいことが原因になっているケースも少なくない。

結局のところ、「落ちこぼれ」だけがオフィスに集まっても、生産性が上がるどころか、さらに下がってしまう恐れもあるのではないだろうか。

----------
溝上 憲文(みぞうえ・のりふみ)
人事ジャーナリスト
1958年、鹿児島県生まれ。明治大学卒。月刊誌、週刊誌記者などを経て、独立。経営、人事、雇用、賃金、年金問題を中心テーマとして活躍。著書に『人事部はここを見ている!』など。
----------

(人事ジャーナリスト 溝上 憲文)

あわせて読みたい

「在宅勤務制度」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。