記事
  • ロイター
  • 2021年11月24日 02:26 (配信日時 11月24日 02:25)

台湾、米会合で半導体や中国の「威圧」を協議


[台北 23日 ロイター] - 台湾経済部(省に相当)の王美花部長(大臣に相当)が23日、米国との経済対話の第2回会合で、半導体不足や中国の経済的な「威圧」への対応について話し合ったことを明らかにした。米国と台湾の経済対話は昨年始まった。

米国のバイデン大統領は先週、中国の習近平国家主席とオンライン方式で会談した。習氏は首脳会談後、米国内の台湾独立支持者は「火遊びをしている」と警告した。

中国は台湾を自国の一部と主張し、最終的な統一を確保するために武力の行使を排除していない。

米国側はフェルナンデス国務次官(経済成長、エネルギー、環境担当)が出席した。5時間のオンライン会談後、王氏は台北で報道陣に対し、半導体を含むサプライチェーン(供給網)の協力について話し合ったと語った。

王氏は「半導体の部分では、現在の短期的な供給網のボトルネックの問題も含まれていた。それ以上に重要なのは、将来にわたる長期的な協力だ」と訴えた。

半導体生産が盛んな台湾は、世界的な半導体不足を解消するために全力を尽くしているとし、特に最も重要な国際的な支援国である米国に対してこの問題を真剣に受け止めていることを示したいとしている。

王氏は、中国の経済的な「威圧」への対応についても話し合い、台湾がリトアニアの首都ビリニュスに事実上の大使館を開設したことで中国政府から圧力を受けているリトアニアに焦点を当てたと説明した。

王氏は「全ての国と全ての経済が、このような外部からの威圧にさらされるべきではないという信念を私たちは共有している」と言及した。

中国は21日、この問題でリトアニアとの外交関係を格下げした。

台湾は、今回の対話が最終的に米国との自由貿易協定(FTA)の締結につながることを期待しており、昨年の初会合を前進と評価している。

これはトランプ前大統領の下で米国が台湾との関係を強化した一環で、バイデン政権も継続しており、中国政府の怒りを買っている。

米国と台湾は今年7月、長く延期されていた「貿易投資枠組み協定(TIFA)」の協議をオンラインで実施し、台湾は「いつかFTAを締結できることを望んでいる」と表明していた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

  10. 10

    「前例踏襲打破と納税者感覚の徹底」橋下徹氏が維新に寄せる期待

    橋下徹

    11月28日 14:21

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。