記事
  • ロイター
  • 2021年11月24日 09:26 (配信日時 11月24日 10:19)

米日中など5カ国、石油備蓄放出 主要消費国協調で初 価格抑制へ


[ワシントン 23日 ロイター] - バイデン米政権は23日、日本や中国、インド、韓国、英国と協調し、石油価格の抑制に向け、戦略石油備蓄を放出すると発表した。米政府高官によると、米国が中国など主要消費国と協調して備蓄を放出するのは初めて。

米国は5000万バレル放出する。国内消費量の約2日半分に相当する。12月中旬から下旬に市場に供給される見込みという。備蓄の放出は貸与と売却の形で実施する。3200万バレル分は今後数カ月にかけ、石油会社に貸与される。1800万バレル分は売却に充てられ、議会がすでに承認している売却を加速する方針とした。

インドは備蓄から500万バレル放出し、英国は民間備蓄から150万バレルを任意に放出することを認めると表明した。

共同通信など日本のメディアは、日本の国家備蓄の放出はまず数日分になる見通しと伝えている。国家備蓄の余剰分を市場に放出する。韓国は放出量や時期については、米国や他の同盟国との協議後に決定するとした。中国の放出量および時期は明らかになっていない。

バイデン大統領は「時間はかかるが、遠くない将来に給油所のガソリン価格が下がるだろう。長期的に米国はクリーンエネルギーにシフトし、石油への依存度を低下させる」と強調した。

米政権は石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなどの非加盟国で構成する「OPECプラス」に対し、十分な原油供給量を維持するよう繰り返し求めてきたものの、これまでに追加増産は見送られてきた。OPECプラスは12月2日に会合を開く。

原油価格は最近、7年ぶりの水準に急騰し、ガソリン小売価格は過去1年間で60%余り上昇している。新型コロナウイルス対策の行動制限が緩和されたことが主因だ。ここ数日の原油相場は備蓄放出の観測で下げていたため、23日の発表後は反発した。

キャピタル・エコノミクスのチーフ・コモディティ・エコノミスト、キャロライン・ベイン氏は「価格引き下げには十分な規模ではなく、OPECプラスが増産ペースを落とすきっかけとなれば逆効果だ」と指摘した。

一方、アゲイン・キャピタルのパートナー、ジョン・キルダフ氏はOPECプラスは数カ月にわたり原油を出し惜しみしてきたとし、協調放出は「消費国がOPECプラスにもはや振り回されることはないというシグナルを送ることになる」と分析した。

米国は過去に、石油備蓄の放出で国際エネルギー機関(IEA)と協調してきた。日本と韓国はIEAに加盟しているが、中国とインドは正式メンバーではない。

あわせて読みたい

「石油」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    韓国で増えるコロナ新規感染者 日本との違いはワクチンか

    ニッセイ基礎研究所

    11月27日 09:38

  5. 5

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  6. 6

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  7. 7

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  8. 8

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  9. 9

    2021年出演者から見えた『紅白歌合戦』の限界…国民的ヒット曲の不在、紅白色分けの違和感

    SmartFLASH

    11月26日 12:38

  10. 10

    ο(オミクロン)株は第6波になる可能性

    中村ゆきつぐ

    11月27日 09:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。