記事
  • ロイター
  • 2021年11月22日 13:35 (配信日時 11月22日 13:31)

FRB議長人事巡り上院議員の動き活発化、バイデン氏近く決定


[19日 ロイター] - バイデン米大統領が近く米連邦準備理事会(FRB)の次期議長を決定するとみられる中、指名承認手続きを担う上院では19日、民主党の穏健派が候補らに面会を求めたり、進歩派が現職の再任に反対したりと、動きが一段と活発化した。

パウエル議長再任かブレイナード理事昇格かに絞られる中、ホワイトハウスは19日、バイデン氏の決定について「来週早々にさらに報告」できる見通しだと発表した。米国のインフレ率が30年余りぶりの水準に跳ね上がり、バイデン氏の支持率に影を落としており、FRB議長の人選が一層重要になっている。

ブルームバーグによると、民主穏健派のマンチン上院議員はブレイナード理事に面会を求めており、パウエル氏とも17日に電話で協議したのに続き、会合を望んでいるという。

一方、民主進歩派のホワイトハウス、マークリー両上院議員は19日に共同で声明を出し、パウエル氏は気候変動に十分な対策を打てていないとして、続投に反対を表明した。

FRBが金融安定維持の責務を果たすよう確実に図ることができ、気候変動対策は「全ての政策当局者の責任というバイデン政権の見解を共有する」人物を指名すべきだとし、「その人物はパウエル氏ではない」と強調した。

ただ、トゥーミー上院議員を含む共和党議員はブレイナード氏の指名に反対する構えで、パウエル氏を支持するのがほぼ確実だ。民主党からもテスター議員らがパウエル氏の再任に賛成する見通し。

賭けサイト「プレディクトイット」が示すパウエル氏続投の確率は約62%に低下し、ブレイナード氏は40%となっている。

政策面で両氏にほとんど違いがないとみられ、どちらも労働市場が新型コロナウイルス禍から回復する時間を確保するために、高インフレを容認する姿勢に傾いている。

ただ、経済再開によるインフレ加速が持続し、FRBの目標から大幅に上振れている状況は先行きを不透明にしており、バイデン氏を含む政治家は懸念を強めている。このため、物価上昇抑制に向けてより早期に積極的な措置を取るのはどちらの候補かという視点が人選の中心に据えられる可能性がある。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。