記事
  • ロイター
  • 2021年11月22日 12:20 (配信日時 11月22日 12:12)

米ビッグ3、燃費が業界最悪 大型車重視で=EPA報告


[ワシントン 19日 ロイター] - 米環境保護局(EPA)が19日公表した報告書によると、ゼネラル・モーターズ(GM)、フォード・モーター、ステランティスの米自動車大手3社(ビッグ3)は、自動車の燃費で他のメーカーに後れを取っている。大型のピックアップトラックやスポーツタイプ多目的車(SUV)を多数取り扱っていることが理由。

報告書によると、業界全体で新車の燃費は、2020年モデルがガソリン1ガロン当たり25.4マイルまで改善したが、21年モデルは同25.3マイルに若干悪化する見込み。

自動車大手14社のうち、ビッグ3の燃費は最も悪かった。GMは21年モデルの全車種平均が同21.5マイルと、業界最低となる見通しで、ステランティスが21.6マイル、フォードが22.7マイルと予想されている。

報告書によると、自動車業界では2004年以降、燃費が32%改善したのに伴い、二酸化炭素(CO2)排出量は24%減少した。

大手メーカーのうち、炭素クレジットを活用せずに燃費基準を満たしたのは米テスラ、SUBARU(スバル)、ホンダの3社のみだった。メーカーはクレジットを買い取るか、前年までのモデルで稼いだクレジットを活用できる。

GM、独ダイムラー傘下メルセデス、ステランティスは20年にかなりのクレジットを買い取り、テスラ、ホンダ、トヨタ自動車はクレジットを売却した。

米国エネルギー効率経済協議会は、現在生産されている自動車の燃費は平均すると、1年前とほとんど変わらないと指摘。

環境保護団体「Safe Climate Transport Campaign」のディレクター、ダン・ベッカー氏は「自動車会社はクリーンカー生産でとてつもなく高い目標を掲げているが、実際の生産量は極めて少ないことがEPAの報告書で示された」と批判した。

20年に燃費が19年比で1.9%しか改善していないことを踏まえると、「基準が弱ければ自動車メーカーは今後も燃費の悪い自動車を生産し続け、消費者は高いガソリン代と大量の汚染に悩まされ続けることになる」と述べた。

報告書によると、GMとフォードは過去5年間で燃費がほとんど改善しておらず、ステランティスは1ガロン当たり0.5マイル悪化した。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    前代未聞のスピードでオミクロン株対策を実行 岸田首相が発揮した鋭さ

    早川忠孝

    11月29日 16:06

  5. 5

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  6. 6

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

  7. 7

    オミクロン株に悲観し真っ先に急落 日経平均の脆弱さ

    韋駄天太助

    11月29日 12:09

  8. 8

    すべてのページは読み切れない…無印良品が2000ページのマニュアルを作る本当の理由

    PRESIDENT Online

    11月29日 12:52

  9. 9

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  10. 10

    再送日本政府、外国人新規入国を全面禁止 30日から「当面1カ月」

    ロイター

    11月29日 14:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。