記事
  • ヒロ
  • 2021年11月22日 10:38

韓国は竹島を再び政治ゲームの舞台とするのか?

司馬遼太郎の「竜馬が行く」に岩崎弥太郎が竹島に行くシーンがあります。私も読んでいてあれっと思ったのは、岩崎が竹島に上陸するとそこには韓国人の家がすでにあり、居住している気配があったため、そこに火をつけて逃げ帰ってきたという趣旨の記述です。岩崎は当時、土佐藩の官僚で長崎に駐在です。その際に「竹島」に向かうわけですが、日本の島で自分が開拓者ぐらいのつもりだったのでしょう。

ただ、この話は少し深掘りしないと読み間違えます。当時、竹島というのは韓国の鬱陵島のことで江戸時代を通して日本ではそれを「竹島」と呼び、その後、「松島」と名称変更しています。日本はこの鬱陵島との縁が深く、江戸時代初期、幕府が鳥取藩に鬱陵島への渡海の免許を与え、漁業や林業をしていたとされます。そして我々が今言う、竹島は鳥取藩など当時、日本人が鬱陵島に向かうための航海上の目印とされたものです。

鬱陵島自身は今は韓国領ですが、李朝朝鮮は鬱陵島の無人島政策を460年も貫いていることから鬱陵島より日本寄りに位置する竹島に朝鮮人が上陸、占拠していたという事実は考えにくいのであります。

韓国側が主張する竹島の領有権については古い地図に竹島が記されていたという点ですが、当時の地図は不明瞭で測量に基づいたものでもなく、どの島のことを言っているのかわからないという代物です。それこそ、鬱陵島が竹島だったのかもしれません。

その中、1952年に李承晩大統領の「李承晩ライン」で日本海上の境界線が勝手に描かれ、竹島もそこに含まれたのです。これが韓国人に「竹島は我が国のもの」と主張させる勢いをつけたのです。この李承晩ラインはその後、取り消されていますが、韓国人はそんなことはお構いなしなのは皆さん、ご承知のとおりです。

さて、前置きが長くなりすぎましたが、この竹島に韓国の警察庁長官が上陸しました。その理由は様々な憶測がありますが、来年の大統領選挙に伴う大規模な人事異動を前に警察庁長官が自己アピールをしたのではないか、というのがまともに聞こえる理由です。

これにより日本は激しく抗議、アメリカで開催されていた日米韓の次官級会議で三国間の共同声明を中止しました。また日中韓の首脳会議の21年度の開催も見送られる方向となりそうです。

もしも警察庁長官の竹島上陸にもう一つの理由があるとすればわざと日米韓の関係を壊したのではないか、という気もするのです。これはこの会議の目的が「自由で開かれたインド太平洋」問題であり、中国を刺激する内容です。韓国は中国とアメリカの双方に良い顔をする二面政策をとっていますのでこれで中国を怒らせるわけにはいかなかった、そこで外務省ベースではアメリカに服従するふりをしながら内政で中国に良い顔をする余地を作っておいた、という見方です。これは私がふと気が付いたことでほかのメディアは指摘していないと思います。

ご記憶にあるかと思いますが、李明博大統領(当時)が突如竹島に上陸したのが2012年8月10日。大統領は翌年2月に朴槿恵氏に代わっています。つまり、韓国では大統領選が近づくとパフォーマンス的な行動が当たり前のように行われ、李明博氏においては人が変わったような行動を次々とったことで記憶にある方も多いでしょう。しかし、韓国のその常軌を逸した行動は時として大衆の声に押され、非論理的な行動に出るのです。

今回の竹島問題も韓国側は大して何も思っていないでしょう。インパクトもないし、パフォーマンスの効果もかつてほどではなくなっています。むしろ、外交的に日本との関係が悪化の一途を辿ることをかの国はどこまで理解しているのか、実に理解に苦しむのであります。

では今日はこのぐらいで。

あわせて読みたい

「竹島」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。