記事

机上の計画、島根原発の再稼働/直近に断層。県庁までわずか10km、崩壊は歴然

1/2
原子力規制委員会は9月15日に、中国電力・島根原発2号機(松江市)を「規制基準に適合している」と判断した。中国電力が原発の直近を通る大断層の連動を考えずに短く見積もったことを容認し、また、周辺の火山噴火による降灰の過小評価も受け入れたといえる。

今後は原発に求められる追加的な安全対策の許認可と対策工事の実施へと進み、実際の再稼働は1年以上後のことになると想定される。しかし、島根原発の再稼働には多くの問題が横たわっている。

火山噴火時、56㎝の降灰
交通遮断、原子炉冷却は困難

 中国電力は、宍道断層の長さを最終的に39kmと評価した。すぐ東にある鳥取県沖西部断層との連動の可能性が産業総合研究所のデータなどで示されていたにもかかわらず、それを無視したのだ。また、地震の揺れを相対的に小さく評価するために、断層の大きさを調整している。これらをまともに考慮すれば、原発を廃止せざるをえないからだろう。

 火山噴火による降下火山灰について、島根県の西部に位置する三瓶山(大田市)の噴火時を56cmと評価。気象庁によれば、三瓶山は頻繁に爆発的噴火を繰り返してきた火山で、中央部には直径4.5kmのカルデラがある。

送電線網はまったく機能せず、交通は完全にストップ、1ヵ月ではとうてい回復しないだろう。 火山灰が降りしきる中、原子炉を冷却するためにディーゼル発電機で対応することになるが、空気を送るフィルターが目詰まりを起こせば発電機が止まるため、頻繁な取り替えが長期にわたって続く。

また、電源車による代替もあてにされているが、電源車もフィルターの交換が必要で、交換もさらに頻繁になるだろう。

 56㎝も積もる火山灰の中で、繰り返しのフィルター交換が可能とは到底考えられない。 なお、降下火山灰の層厚には異論もあり、56㎝でも大変な厚さだが、さらに厚い可能性が在野の火山学者から指摘されている。

あわせて読みたい

「原子力発電」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  4. 4

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  5. 5

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

  6. 6

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  7. 7

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  8. 8

    石川遼 “水差し謝罪会見” に男子ゴルフ界の大スポンサーが激白「お詫びは一切ない」

    SmartFLASH

    12月06日 11:47

  9. 9

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  10. 10

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。