記事

大阪府の表現ガイドライン、大幅変更へ。「表現の自由」を巡る議論に一石を投じる新たな基準を考える

こんばんは、音喜多駿(参議院議員 / 東京都選出)です。

先般から多くの方々にご意見をいただき、維新府議団とともに具体的な改善策を出していた「大阪府男女共同参画社会の実現を目指す表現ガイドライン」の改訂版が発表されました。

参考過去記事:
アイキャッチャーそのものを否定?!男女共同参画センターによる「表現ガイドライン」をめぐる問題点について(2021年10月2日)

「萌え絵」などを不当に取り扱い問題となったページについて、一足飛びにすべてを削除というわけにはいきませんでしたが、行政サイドが一方的な正しさを示すものから、「説明責任」に重きを置く内容に大きく変更されました。

最前線で提言してもらった維新大阪府議団と、1ヶ月半という短い期間で改定までたどり着いた関係者のご尽力に心より感謝を申し上げます。

これでも100点満点ではないかと思いますが、表現の自由にも最大限の配慮がなされたものになったのではないかと思います。

権力者や行政サイドは「表現の一切口を出してくれるな!」というのが理想なのかもしれません。

しかしながら、民主主義社会では様々な立場・民意がある中で、現実的な防衛ライン・線引を模索していかなければなりません。

こうした中で、事前検討や説明責任に重きをおいたガイドラインは、現時点では一つの現実解ではないでしょうか。

内閣府の「公的広報の手引」がその有効性を失っておらず、全国的な波及や影響力を及ぼしかねない現状において、仮に各自治体がガイドラインを設定せざるを得ないというのであれば、この「大阪方式」が一つの基準となっていくことを期待し、提言していきたいと思います。

それでは、また明日。





音喜多駿/おときたしゅん
参議院議員(東京都選挙区) 38歳
1983年東京都北区生まれ。海城中・高校→早稲田大学政治経済学部を卒業後、モエヘネシー・ルイヴィトングループで7年間のビジネス経験を経て、都議会議員に(二期)。地域政党「あたらしい党」前代表。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、政治や都政に関するテレビ出演、著書も多数。3児の父。日本維新の会から公認を受けた参院選にて初当選、参議院議員に。ネットを中心に積極的な情報発信を行い、日本初のブロガー議員として活動中。
著書に「ギャル男でもわかる政治の話(ディスカヴァー・トゥエンティワン)」、「東京都の闇を暴く(新潮社)

友だち追加
twitter @otokita
Facebook おときた駿
東京維新の会公式Instagram @tokyo_ishin

あわせて読みたい

「表現の自由」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。