記事

韓国の弁護士「日本の政治家たちは侵略戦争の反省をしていない」 “領土議連”の新藤義孝議員と竹島の歴史をめぐり激論

1/2


新藤議員と崔弁護士による議論の様子 »

 北朝鮮や中国への対応を協議していた日米韓3カ国。しかし17日の共同会見に現れたのはアメリカの代表だけ。前日、韓国の警察トップが竹島に上陸、日本側が厳重に抗議するとともに、会見への出席を拒否したためだ。

【映像】新藤議員と崔弁護士による議論の様子

 韓国警察庁の長官による竹島上陸について、超党派の「領土議連」会長で元総務大臣の新藤義孝衆院議員は次のように批判する。



 「3カ国の外務次官が集まって、国際的な安全保障の枠組みをどうするかという、とても大事な協議をやる前日に日韓が争ってしまったということだ。

韓国政府の人間が公の立場で上陸するというのは極めて良くない、非常にセンスの悪い行動だ。日本としては絶対に受け入れられないので強く抗議をすることになるし、あらゆる活動が一時止まってしまうわけだ。

ただ、今回のことは韓国政府が積極的に出しているわけではなく、韓国のマスコミがスクープしたことなので、警察庁長官がどのような方法で上陸し、どのくらい滞在したかも明らかになっていない。韓国政府の統治能力が非常に落ちているのではないかと私は思う」。



 島根県に属し、歴史的にも国際法上も日本固有の領土である竹島。しかし韓国は「独島」と呼んで歴史的にも国際法上でも韓国固有の領土だと主張、警備隊を置くなどして実効支配している。日本側は不法占拠をやめるよう抗議し、撤回を求めているが、韓国は軍事演習や議員団・政権幹部、観光客らの上陸が続いてきた。

 さらに島根県が2005年、条例で「竹島の日」を制定すると、韓国では激しい抗議デモが巻き起こる。そして2012年には当時の李明博大統領が歴代大統領として初めて竹島に上陸。日本政府は武藤駐韓大使を帰国させるなどの強い措置を取り、3度にわたって国際司法裁判所に判断を委ねることを提案しているが、韓国側は全て拒否してきた。



 新藤議員は「江戸時代、日本人が鬱陵島に漁に行っていたが、その中継地として使われていたのが竹島だ。アワビやワカメがたくさん採れたので、漁は竹島でも行われていた。江戸時代には領土についての取り組みも法律もなく、鳥取や島根の漁師たちが幕府から許可をもらって行っていたのが実態だが、明治になると民間からの要請を受けた政府がどこの国の領土にもなっていないことを確認した上で、正式に編入したという経緯がある。

ところが昭和20年、日本が戦争に負けて占領されると、竹島についても主権を失うことになる。その後7年間の占領を経てサンフランシスコ平和条約で独立を回復した際、竹島も日本の領土に含まれるという形での国際的な約束が交わされたわけだ。ところが韓国は竹島に上陸をした。日本には当時、軍隊はなく、海上保安庁もピストル1丁、持っていなかった。そういう中で韓国は日本人をピストルで脅して、今に至っている。



 韓国側の、“自分たちの領土であってほしい“という気持ちは分かる。ただし残念ながら、李氏朝鮮時代に竹島の正式な図面は1枚もない。“于山島”という島が竹島だという主張もあるが、地図上で于山島は鬱陵島の手前の朝鮮半島側にあるし、大きさもほぼ同じだ。鬱陵島は世田谷区よりも面積の大きな島だが、竹島は日比谷公園の面積と同じだ。

また、1900年、当時大韓帝国政府が鬱陵島の管轄区域として竹島を入れたいう主張もあるが、韓国政府の文献では鬱陵島のエリアは縦が34km、横が21kmなのに対して、竹島までは91kmの距離がある。つまり竹島の存在は認識していないということだ。“自分たちのものだ”と言われても、根拠はゼロだ。にもかかわらず不法占拠しているから、私たちは正式に話し合いをしようと言っているということだ」。

 一方、竹島に上陸した経験があるという「日帝被害者人権特別委員会」委員長の崔鳳泰弁護士は「竹島は鬱陵島から見ることもできるし、漁業民たちが事業をするなど、韓国人が利用してきたという様々な資料がある。こちらには固有の領土だという認識が確かにある」と反論する。



 「警備している警察官の激励などのために、政治家や県知事、官僚たちがたくさん上陸しているので、いちいち抗議をしているときりがない。韓国の警察庁長官は12年前にも上陸しているが、日本政府は抗議しなかった。しかし今回はなぜ抗議をしたのか。「お互いに主張と主張を同じテーブルに乗せて、まずチェックをすることから」

領土問題というのはナショナリズム、民族主義に利用しやすい部分があるので、日本の市民は政治家たちを注意して見ておく必要があると思う。私は紛争があるのは、ある面ではいいことだと思う。それによって、お互いが話の必要性を感じることができるからだ。その意味でも、竹島の問題は裁判で解決するのもいいが、対話によって解決した方がいい」。



 これに対し新藤議員は「崔さんはよくご存じだと思うが、かつての韓国は問題が大きくならないよう、竹島への上陸にとても注意を払っていて、政府の人たちはほとんど行かなかったし、今は観光客がたくさん行くようになったが、以前は船をチャーターしなければいけないような孤島だった。

それが2000年頃から韓国が経済的にも大きくなると、政府の人たちが行くようになり、ついに大統領が上陸するまでになった。さらに戦争に関する問題を持ち出して、“もう口を出さないでくれ“と言って不法占拠を強化しようとしている。

今まで日本と韓国は正式な協議を一度も行ったことがない。歴史的事実と法律に基づいて国と国が正しく決着さるためにも、話し合いをしようということだ」と強調した。

あわせて読みたい

「領土問題」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    欧米流の脱炭素論にモノ申す 都合よくSDGsを持ち出すな

    WEDGE Infinity

    01月23日 16:23

  2. 2

    ひろゆき氏、JR東日本「Suica」利用客データ販売検討に「さっさと使っちゃえ」

    ABEMA TIMES

    01月23日 14:21

  3. 3

    自宅に監視カメラ、行動履歴の掌握、犯罪「候補」者の摘発――AIが人間を監視する「ウイグル」の現在 - 佐々木俊尚

    新潮社フォーサイト

    01月23日 14:31

  4. 4

    秒読みのウクライナ侵攻・・プーチンの論理

    舛添要一

    01月23日 20:06

  5. 5

    「性格が激変し、仕事を失い、夫とも離婚」30代女性を10年間苦しめた若年性更年期の怖さ

    PRESIDENT Online

    01月23日 15:32

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。