記事

感染者数より重症度 今までの自粛一辺倒からの変化 テレワークやらなくていい ワクチン検査パッケージ活用すれば宴会自由

日本のワクチン接種状況、今の感染状況を考慮して、どうも政府は今までの感染者数重視対応から大きな政策変化を行うようです。そしてそこにはワクチン検査パッケージが活用されます。



>緊急事態宣言について、医療の逼迫(ひっぱく)度を重視した感染状況の新指標で「レベル3相当」となった場合、発令を検討する方針を盛り込んだ対処方針改定案を了承。
これは今まで言われていた通りです。そう感染者数から医療逼迫に重点を変えたということですね。驚いたのは次の記載。
>ワクチン・検査パッケージにより、緊急事態宣言下でも都道府県の認証を受けた飲食店では会食人数制限を設けないなど、一連の行動制限緩和策も反映させた。
産経からは
>企業などに一律で求めてきた出勤者7割の数値目標も撤廃した。
感染しても重症化の確率が低いであろうワクチン接種後の人や、検査陰性でコロナ感染の確率が低い人であれば、緊急事態宣言下でもみんなで飲んでいいという今までの飲食対策とは全く異なるものとなっています。これはそれこそ忘年会、新年会やりましょうという政府からの後押しなんでしょうか。

そしてテレワークをもうやらなくていいよというこの宣言は、コロナ前に戻しますよというある意味決意表明ですね。今回のGoTo含めた経済対策との連動もあるのでしょう。

PCR陰性は感染していない証明にはなりません。ワクチンを接種しても時間が経てば感染防御の力は低下します。それゆえワクチン・検査パッケージを行っても感染は完全には防げません。それでも重症化しなければ、医療を逼迫しなければ、いわゆるインフルエンザと同じと考えて経済を回していけると政府は考えたのでしょう。

ある意味自粛、人流制限一辺倒だった政府、分科会がここまでいっきに方針を変えてしまったことに少し危険性を感じますが、概ね賛成です。ワクチン3回目接種などが緊急にできる有効な対策をした上でやっと日本が恐怖の束縛から抜け出せるのかなと感じています。ただしまあメディア含めてこの恐怖感からの脱却はそう簡単にはいかないでしょうが。

あわせて読みたい

「新型コロナウイルス」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  2. 2

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  3. 3

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  4. 4

    「10万円相当の給付」にかかる経費1200億円にみる政治家と役人の非常識感

    ヒロ

    12月07日 11:27

  5. 5

    久しぶりに『週刊さんまとマツコ』をみて驚いたワケ。

    メディアゴン

    12月07日 11:44

  6. 6

    「大東亜以下」マイナビのメールで改めて可視化された学歴フィルター

    キャリコネニュース

    12月07日 14:08

  7. 7

    今年の目玉はマツケンサンバ!? NHK紅白歌合戦に漂う「終焉」の空気

    渡邉裕二

    12月07日 09:02

  8. 8

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  9. 9

    女子学生に強制わいせつか 筑波大学の教授を逮捕

    ABEMA TIMES

    12月08日 09:22

  10. 10

    【追悼 川柳川柳師匠】軍歌を歌い続け「戦争体験」を伝え続けたオンリーワンの落語家

    松田健次

    12月08日 09:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。