記事

地方創生 首相官邸で農林水産業・地域の活力創造本部会合開催



首相官邸において

国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条に、「日々勉強!結果に責任!」をモットーとする内閣府副大臣、参議院議員赤池まさあき(比例代表全国区)です。

地方創生のためには、地場産業の振興が不可欠です。地場産業といえば、何と言っても農林水産業であり、その振興はまったなしです。

11月18日(木)、首相官邸において、第31回農林水産業・地域の活力創造本部を開催されました。私も、地方創生担当として、野田大臣の代理で出席しました。

農林水産業・地域の活力創造本部(第31回)議事次第 (kantei.go.jp)

会議においては、農林水産業の成長産業化を進めるとともに、その成長の果実を、家族農業や中山間地域農業、農林水産業の持つ多面的機能を維持するために分配し、多様で豊かな農林水産業の構築を目指しています。方策は以下3点あります。

第1は、農林水産業のデジタル化です。

デジタル田園都市国家推進交付金を活用して、成長戦略の一環として、経済対策に、デジタル技術(ロボットや人工知能、機械をネットで結ぶIOT等)を活用したスマート農林水産業に向けて、デジタル機械の貸し出す農業支援サービスの育成事業等を盛り込み、生産現場でデジタル技術の実装を拡大していきます。

また、小型農業ロボットの公道走行の実現など技術の進展に応じた規制改革を進めることになります。さらに、デジタル技術を活用できる人材を高校や大学等で育成していきます。

第2は、農林水産物の輸出促進です。

今年の農林水産物・食品の輸出額は、順調に伸びており、今年1兆円突破が確実です。

人口減少時代を迎えて国内市場が縮小する中で、海外輸出を9年後の令和12(2030)年に5兆円の目標達成に向けて、諸外国との包括的経済連携協定を活かして、輸出品目団体の認定制度を創設して、27の重点品目の内、先行する品目である米、青果物、牛肉、ブリ、ホタテ、日本酒などの団体を、輸出促進法の改正を待たず、今回の経済対策で強力に支援します。さらに、加工・流通施設の整備を促進し、長期の制度資金の活用を検討します。

第3に、生産力向上と両立する農林水産業のグリーン化(脱炭素化)です。

具体的には、全国的に農薬に頼らない病害虫防除への転換を果たすための制度を構築するとともに、化学農薬・肥料の低減(50%減)や有機農業拡大(取組面積25%、100ha)を目指して、みどりの食料システム戦略緊急対策交付金を経済対策で新設し、持続可能な食料システムを構築して、脱炭素化、廃棄物ゼロを目指していきます。

以上を実現していくために、今年度補正予算や来年度予算を確保し、来年通常国会での法改正で後押ししていくことになります。 

あわせて読みたい

「地方創生」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  3. 3

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  4. 4

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

  5. 5

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  6. 6

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  7. 7

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  10. 10

    石川遼 “水差し謝罪会見” に男子ゴルフ界の大スポンサーが激白「お詫びは一切ない」

    SmartFLASH

    12月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。