記事

【政見全文】立民代表選が告示 4候補者が共同記者会見で重点政策や目指す社会像を語る

2/2

泉健太氏

共同通信社

みなさまこんにちは。京都3区、現在47歳です。立憲民主党の泉健太です。どうぞよろしくお願いいたします。

まず私はこの政治の世界に入らせていただいて、政治の世界に入る前から、やはり日本の政治には選択肢がなくてはいけない。そう思ってきました。

確かに自民党が長く政権を担っている。でも、時には不祥事や不正が起きることもある。そして、経済政策で失敗することもある。でも、そんなときに政権交代が起こらない。国民に選択肢がない。そんな国ではやっぱりいけない。

だからこそ、私はもう一つの極を作りたい。その思いでこれまで活動してまいりました。多くの先輩方に支えていただいて、ここまで成長させていただいたことに心から感謝を申し上げたいと思います。

そして、まず先の総選挙。本当に全国の多くのみなさまに立憲民主党をご支援いただきました。そして、各野党のみなさまにも我々立憲民主党の活動にご協力をいただきました。このことには心から感謝を申し上げたいと思います。その各野党のみなさまもやはり日本の政治に選択肢を作りたい、より国民に根差した国民に近い政治を届けたい。その思いで、ともに闘ってくださったと思います。

しかしみなさん。現実は立憲民主党は議席を減らしました。大変悔しく残念ではありますが、我々は懸命な努力をしましたが議席を減らすという現実を突きつけられました。このことは重く受け止めなければいけません。

立憲民主党は自らを反省し、再生していかなくてはいけない。私は思っています。例えば今回、我々の政権政策の冊子には一番最後のページに「批判ばかりとは言わせない」という異例のページを設けさせていただきました。

これはどういう意味を持つか。それぐらいに実は、私たち立憲民主党はこれまでも、議員立法を提案し、政府には対案を提案し、建設的な議論を数多くしてきたけれども、やはりどこかで国民のみなさまからは「批判ばかりの政党ではないか」「追及ばかりや反対ばかりをしている政党ではないか」と、そういうイメージを背負ってしまっていた。仲間たちの努力の一方で、私たちはそういうイメージを背負ってしまっていたということを、やはり受け止めなくてはいけないと思います。

この我々の頑張っているという意識と、しかし国民のみなさまのもつイメージのズレというものを立憲民主党は今一度、自己反省した上で再生していく必要がある。このように感じております。

枝野代表も本当に懸命に立憲民主党をリードしてくださった。そして弱い者の立場で、生活者の立場で、様々なみなさまの生きづらさをなんとか解消していこう。そしてもっと国民のみなさまに経済の恩恵が届くような政治を作っていこう。こういう訴えをしてきたわけですが、我々は改めてその訴えを活かしながら、さらに立憲民主党改革をしていきたい。このように申し述べたいと思います。

まず私は今回、これまで「お互い様の支え合い」という素晴らしい理念で活動してきた立憲民主党を、やはり「普通の安心が得られる社会」、こういうキーワードでさらに進化をさせていきたいと思っています。

考えてみれば、コロナ対策では残念ながら自宅で療養せねばならない方々が多数出られた。そして、望まない非正規雇用という大変厳しい状況で収入が得られない。だから家を持ったり、家族を持つという決断ができないという、そんな状況に置かれている方々がおられます。一方で、一人暮らしや高齢者の夫婦だけの生活が増えている。災害のときに逃げようと思っても情報が届かない、あるいは自分たちの足では逃げられない。こういうような孤独に陥っている方々も大勢おられる。

普通の安心というのは、やはりそういった方々がいざというときにちゃんと日常生活を送っていける、そして公共サービスの助けを得られるような社会を作っていかなければいけない。私はそう思っております。

ぜひ、この立憲民主党、これまでも様々な提案を行なってきた立憲民主党がさらに、政策立案型政党として、国民のみなさまにそのイメージを持っていただけるようにしていく。大きな大きな私たちは転換点を迎えているし、その転換を果たさなくてはならないと思っております。全国の党員、協力党員、そしてパートナーズのみなさん、また、全国の自治体議員のみなさん、一緒に立憲民主党を変えていきたいと思います。そして、全国のみなさまにはぜひその姿をご覧いただきたいと思います。

私は自分が代表にならせていただいたときには、やはりジェンダー平等、まず隗より始めよという姿勢から、私が構成する執行部は、男女、この比率を限りなく同数にしていく、同率にしていくということを目指していきます。議論の土台を変えることで我々の発想を変えていく、転換していきたいと思います。当然、若者、自治体議員のみなさまにも活躍していただきたいと思います。

私は決して傑出した能力を持つリーダーではありません。しかし、多くのみなさまを生かすことができる、そういった新しい時代のリーダーとして、この立憲民主党を引っ張ってまいります。どうかみなさまのご支援よろしくお願いいたします。

西村智奈美氏

共同通信社

この度、立憲民主党の代表選挙に立候補いたしました西村智奈美と申します。どうぞよろしくお願い申し上げます。

私は今回の代表選挙を通して野党第一党たる立憲民主党のリーダーとなり、今、国民のみなさんが求めている政治、社会それを形作るために先頭に立っていきたい。その決意で今回立候補させていただきました。

私は新潟の米農家で生まれ育ちました。その地元新潟では半世紀ぶりの女性の県会議員として初当選させていただいております。

また、学生の頃から海外にも足を運び、国際協力のNGOの活動を通して日本という国、そして各地方を内側から、そして外側から冷静に見つめ続けてまいりました。

そういった私は地方の声、そして女性の声、草の根の声、これをしっかりと汲み上げ、そして活かしていくことができると確信をいたしております。

私は今回の立憲民主党の衆議院総選挙の結果を本当に残念だと思っています。各地で多くの仲間のみなさんが本当に大奮闘されました。しかし結果としてみれば、比例の票は少々上積みはされましたけれども、議席を減らす結果となってしまいました。このことはやはり敗北と見なければなりません。

しかし、私たち立憲民主党が訴えてきた社会像、政治のあり方、これが否定されたんでしょうか。私はそうは思いません。お互い様に支え合い、いざというときは助け合って生きていける社会。人間誰しもつまずくことがあります。人間誰しも人の助けを必要とするときがあります。

そういうときに当たり前に手を差し伸べていける社会。それを立憲民主党は目指してきたはずであり、そのことを訴えきることがやはり叶わなかった。そういったことを振り返ってみますと本当に残念でなりません。

ボトムアップの政治を再起動するために、私は今この代表選挙を契機として、党の立て直しをやっていきたいと決意いたしております。

世の中には理不尽なことがたくさんあります。

今回の新型コロナウイルス感染下で、医療を受けることができずに、ご自宅であるいは待機をしている中で命を失う方が多数出てしまいました。

なんでこんなことになっちゃったのか。本当に悔しくてなりません。

また営業自粛、休業要請、こういったことで非正規の方々は職を失い、収入をなくし、そして生活困窮に陥ってしまうことが本当に多く生じてしまいました。

もとより非正規に置かれていた方の状況は新型ウイルスの感染下だから悪くなったというのではありません。もともとが本当にギリギリのところで頑張っておられたのに、そこに追い討ちをかけたのが今回のパンデミックであったということです。

経営者の方々もご苦労されました。飲食業や観光業、あるいは宿泊、輸送の方々、本当に頑張っておられているのに、どうしてこんな理不尽なことが起きてしまうのか。私は政治の力でこうした理不尽を一つ一つなくしていきたい。みなさんの困難に寄り添ってそして一緒に歩いてその問題を解決していきたい。

そのために新しい政治を作っていきたいと決意をいたしております。

さらにこの国は少子高齢化、あるいは気候変動、もうのっぴきならない問題が山積をしています。今必要なのは多様性を力に変えるということです。地方の力、女性の力、草の根の力、それを活かしていくことが今、日本の社会にとってどれほど必要か、私は身をもって感じております。

私自身、49歳で初めての出産を経験し、今もうすぐ5歳になる子どもの子育て中です。そういった生活感のある政治を私はやっていきたい。そして私は派手なパフォーマンスや人気取りの政策が横行しがちな政界ではありますが、私は私の持ち味を活かして、一つ一つの課題や困難に地道に解決に導いていく、そういうリーダーになっていきます。

重点政策としては、まずは命を守るということ。そして一人一人の暮らしを社会で支えるということ。自己責任論から脱却し、お互いに支え合う政治を実現していきます。

子どもや子育て、若者の未来を作るために予算を倍増していきます。

そして新自由主義から脱却し、格差をなくすための経済政策、あるいは地域資源を活かしていくための経済政策へと転換をしていきます。

人と暮らしに投資をする公共事業に重点を置いていきたいと思います。生き方の多様性を守り、世界とアジアの中で日本の強みを活かし、理不尽を許さない政治。これを私は実行していきたい。どうかみなさまからお力添えをいただけますように心からお願いを申し上げ、私の思いと政見とさせていただきます。ありがとうございました。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。