記事
  • ロイター
  • 2021年11月18日 16:25 (配信日時 11月18日 19:10)

フィリピン中銀、政策金利据え置き インフレは制御可能と認識


[ボラカイ(フィリピン) 18日 ロイター] - フィリピン中央銀行は18日、政策金利の翌日物リバースレポ金利を過去最低の2.00%に据え置いた。来年のインフレリスクに言及したものの、制御可能な状況との認識で、持続的な経済回復に向け支援し続ける。

据え置きは8会合連続で、予想通り。翌日物預金金利と翌日物貸出金利も、それぞれ1.5%と2.5%に据え置いた。

中銀は、持続的回復を確実にするため政策支援を優先する方針を示す一方、インフレに対するリスクを意識しており、二次的影響には対処する用意があるとした。

ジョクノ総裁は会見で「新たなデータは全体として、制御可能なインフレ環境のもと、金融政策を維持する余地があることを示している」とし「財政、衛生上の適切な介入と金融政策の維持によって、今後数四半期で経済回復の維持可能性が高まると予想される」と述べた。

第3・四半期は新型コロナウイルス対策の行動制限が影響し、成長が減速したが、市場予想は上回った。数カ月前から感染者が減少して規制が緩和し、経済活動は回復している。また、当局者は今年の成長率目標(4─5%)は達成可能で、超過する可能性もあるとしている。

INGのシニアエコノミスト、ニコラス・マパ氏は「予想外の成長上振れで、今後(政策)調整の余地が生まれる」とし、早ければ来年第2・四半期に利上げの可能性があると予想した。

一方、緩和的な政策がより長期にわたって維持されるとの見方もある。キャピタル・エコノミクスのアジア担当エコノミスト、アレックス・ホームズ氏は「想定外の発言がなければ、来年を通じて金利が据え置かれるという予想を維持する」と述べた。

ジョクノ総裁はインフレ見通しのリスクについて、2022年は上振れにシフトしたが23年は概ね均衡との認識を示した。

10月のインフレ率は前年比4.6%で3カ月ぶりの低水準となったが、年間目標レンジ(2─4%)を依然上回っている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  9. 9

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  10. 10

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。