記事

TikTok経由で世界的大ブームを起こしている日本人にはおなじみの"あるスイーツ"

2/2

ドーナツからクッキーまで幅広い商品展開

このように、餅アイスはイギリスでもアジア系レストランに出入りする人ならよく知るスイーツだが、今回の大ブレイクで餅そのものへの興味も高まっている。

今年5月、ロンドン中心部にある日本食材店ジャパン・センターに、英国初のMochi Barが誕生した。店舗1階のフロントに登場しているMochi Barは、餅アイスだけでなく餅粉ドーナツ、餅粉クッキー、大福、餅粉パンなど、餅粉を使った菓子類に特化して販売している。日本の技術で作る独自商品は毎日作りたて。餅アイスの人気急上昇も手伝って、メディアでの注目度は高い。

ピカデリー地区に新しくできたジャパン・センターのMochi Bar。 ピカデリー地区に新しくできたジャパン・センターのMochi Bar。 - 筆者撮影

飲み物はタピオカ・ティーなどを扱う。 飲み物はタピオカ・ティーなどを扱う。 - 筆者撮影

日本の伝統フレーバーを扱うジャパン・センターの餅アイス。 日本の伝統フレーバーを扱うジャパン・センターの餅アイス。 - 筆者撮影

餅人気にさらに拍車をかけそうなもう一つの理由として、アレルギー対策がある。小麦粉に含まれるグルテンに対するアレルギーや不耐性を持つ人たちにとって、餅菓子は安心して食べられるスイーツなのだ。特にアレルギー症状が出がちな小さな子どもたちにとっては見た目もかわいいスイーツとして、またチョコレートよりもヘルシーなおやつオプションとして選ばれていく可能性も高い。

花形のシェイプが目を引く餅粉を使ったドーナツはオススメの品。多種類のフレーバーを取りそろえている。 花形のシェイプが目を引く餅粉を使ったドーナツはオススメの品。多種類のフレーバーを取りそろえている。 - 筆者撮影

通常の大福餅も人気。 通常の大福餅も人気。 - 筆者撮影

なぜ餅アイスは愛されるのか

結局のところ、餅アイスの何がZ世代のTikTokユーザーを引きつけたのか。

背景には、イギリス人を含む西洋人が老若男女を問わず無類のアイスクリーム好きという事実がある。デザートの定番であるのはもちろん、おやつとしてもとにかく大変人気が高い。イギリスでは冬でも晴れればアイスクリーム日和である。

ほかには「一口大のポップなアイスクリーム」というイギリスでこれまで一般に見かけなかった商品であることも要因だろう。目新しさ、かわいらしさ、1個100キロカロリー以下のヘルシーさ、そして試食する様子が動画映えするといったことが、人気の理由なのではないかとにらんでいる。

味は甘さ控えめでさっぱり系

Little Moonsでは、バニラ、ピスタチオ、チョコレート、ストロベリーなど西洋人が好むクラシックなフレーバーを中心に、現在13種類の餅アイスを提供している。加えて限定商品も随時投入していく予定で、今年の夏はフィッシュ&チップス味を含む3種を発売して話題を呼んだ。

小ぶりの大福大の餅アイスは6個入りで約5ポンド(約760円)。1個80ペンス(約125円)の計算だ。柔らかいぎゅうひの食感と、フレーバー重視の滑らかなアイスクリーム餡のコンビネーションは、初めて食べる人にはかなりユニークな体験であることは間違いない。

味わいはかなりナチュラル。さっぱり系とさえ言ってよく、甘さ控えめ。砂糖たっぷりのスイーツを好むイギリス人が満足できる味なのかは不明だが、Z世代の舌が変化してきているのかもしれない。

Little Moonsのアルフォンソ・マンゴー味とチョコ&ヘーゼルナッツ味。 Little Moonsのアルフォンソ・マンゴー味とチョコ&ヘーゼルナッツ味。 - 筆者撮影

先に登場したNobuエグゼクティブ・パティシエのレジスさんは、こう分析している。

「餅の歯ざわりは、西洋人にはとても特殊で初めて食べる人には驚きを与えるでしょう。ロンドンはコスモポリタン・シティで、当レストランに来られるお客さまは新しい味に対して非常にオープンな方が多く、それも餅アイスがすぐに受け入れられた土台になっていると思います」

アジア系のスーパーではLittle Moonsだけでなくいろいろなブランドの餅アイスがそろう。 アジア系のスーパーではLittle Moonsだけでなくいろいろなブランドの餅アイスがそろう。 - 筆者撮影

別メーカーの餅アイス。黒ごま味はLittle Moonsで取り扱いのないフレーバーの一つ。 別メーカーの餅アイス。黒ごま味はLittle Moonsで取り扱いのないフレーバーの一つ。 - 筆者撮影

餅アイス=餅と早合点する人も?

餅アイス・ブームの報道記事を手当たり次第に読み進めていると、MochiがMochi ice creamと同じニュアンスで使われている場合も多々あり、ドキリとさせられる。

イギリスでは日本式カレーがカツなしでも「カツカレー」と呼ばれるようになってしまった経緯があり、どうしても言葉が一人歩きしてしまう傾向にある。このことはプレジデントオンラインの記事「イギリス人がカツのないカレーを『カツカレー』と呼ぶようになった驚きの理由」(2021年9月17日配信)でも書いた。餅アイスのことを餅と早合点してしまう人も出てきそうだが、日本文化の普及のためと思って今後の展開を見守るしかなさそうだ。

何はともあれ、TikTokで日本のスイーツが大ブレイクである。この現象に意味があるとしたら、これまで和食レストランなど行ったことがなかった餅バージンのZ世代に、幅広く餅文化が浸透したという点だろうか。

彼らが成長して家庭を持ったとき、餅アイスは日常的に家族全員でいただくスイーツの定番になっているかもしれない。餅アイスは今、まさに世界中で市民権を得るべくその歴史をスタートさせている。

----------
江國 まゆ(えくに・まゆ)
あぶそる〜とロンドン編集長
岡山県倉敷市生まれ。ロンドンを拠点に活動するライター、編集者。東京の文芸系出版社を経て、雑誌編集者・ライターに。1998年の渡英後は英系広告代理店にて翻訳ローカライズや日本語コピーライティングを担当。2009年からフリーランス。10年にロングセラー『歩いてまわる小さなロンドン』(大和書房)を出版。14年9月にイギリス情報ウェブマガジン「あぶそる~とロンドン/Absolute London」を創設、編集長として「美食都市ロンドン」の普及にいそしむ。18年、あぶそる~とロンドンが選ぶ『ロンドンでしたい100のこと~大好きな街を暮らすように楽しむ旅』(自由国民社)を上梓。
----------

(あぶそる〜とロンドン編集長 江國 まゆ)

あわせて読みたい

「スイーツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    菅直人・元総理から維新へ突然の宣戦布告!とりあえずその勘違いを正す

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月20日 09:29

  2. 2

    コロナ問題の整理 あくまで感染症は致死率で考えよう

    中村ゆきつぐ

    01月20日 09:14

  3. 3

    「こんなの三越じゃない」11期連続赤字の地方店が仕掛けた"前代未聞のデパ地下"の狙い

    PRESIDENT Online

    01月20日 09:00

  4. 4

    <『M-1』の漫才論争>オズワルドの錦鯉に対する敗北が、『M-1』を競技漫才化させる理由

    メディアゴン

    01月20日 09:40

  5. 5

    西村知美 心の叫び綴った娘の日記をテレビで暴露も「ゾッとする」「可哀想」と物議

    女性自身

    01月20日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。