記事

TikTok経由で世界的大ブームを起こしている日本人にはおなじみの"あるスイーツ"

1/2

アイスクリームをぎゅうひで包んだ「餅アイス」が、世界中でブームになっている。イギリス在住ライターの江國まゆさんは「ブレイクのきっかけは、イギリスの餅アイスブランドLittle MoonsがTikTokアカウントを開設したこと。特に1990年代中盤から2000年代終盤までに生まれた『Z世代』が夢中になっている」という——。

Little Moonsのアルフォンソ・マンゴー味とチョコ&ヘーゼルナッツ味。 Little Moonsのアルフォンソ・マンゴー味とチョコ&ヘーゼルナッツ味。 - 筆者撮影

イギリス発の餅アイスブランドが話題

アイスクリームをぎゅうひで包んだ日本人にはおなじみのスイーツ、餅アイス(Mochi ice cream)がイギリスを中心に世界的な大ブームになっている。

世界的に見ると、餅アイス市場は主に米国で発展してきた。しかし、今回のブームの発端はTikTok。そして、そこで中心となっているのは、イギリス発のブランド「Little Moons」である。

Little Moonsの人気定番商品の一つ、パッションフルーツ&マンゴー味の餅アイス。(写真=Little Moons公式ウェブサイト) Little Moonsの人気定番商品の一つ、パッションフルーツ&マンゴー味の餅アイス。(写真=Little Moons公式ウェブサイトより)

TikTok効果で売り上げが2000パーセント増

Little MoonsがTikTokのアカウントを作ったのは昨年8月のこと。動画をアップし始めるとすぐに注目が集まって口コミが広がり、ユーザーたちによる関連動画が次々とアップされた。その数は約1万5000件。合計で5億回以上再生された。この効果で、売り上げが5カ月で2000パーセント増という驚異的な数字に達した。

また、今年5月12日の英インディペンデント紙の記事によると、TikTok上で昨年12月にできたハッシュタグ#LittleMoonsが5340万回のクリックを記録し、スーパーでの売り上げがハッシュタグができる前と比べて700パーセント増加したという。同社では需要に応えようと生産能力をフル稼働させている状態だ。

増産のため約5億5000万円の設備投資

急激なLittle Moons人気を受けて、一部のデパートやスーパーでしか取り扱いのなかった商品が、ブレイク後はほぼ全てのスーパーで購入できるようになった。またAmazon、Deliveroo、Ocadoなど大手宅配会社でも取り扱いがあり、全国的に入手が可能となっている。

ブームにのっかり、AldiやLidlなどの大手ディスカウントスーパーが今年の夏、独自ブランドを立ち上げて市場参戦した(2社ともに「餅ボール」と命名)。ニッチ商品だった餅アイスが、ほんの数カ月でメインストリームに躍り出ようとしている。

今年2月18日のThe Modemsの記事によると、事業に手応えを感じたLittle Moonsは餅アイスを年間7200万個まで増産するため、昨年3月の段階で350万ポンド(約5億5000万円)を設備投資したという。

今や日本のスイーツ、餅アイスの認知度はTikTokが抱えるZ世代を中心に急激に高まり、定番スイーツの仲間入りをしようとしている。

海外の先駆けはカリフォルニア発の和菓子専門店

高級紙から大衆紙を含め、今年春ごろから餅アイス現象をレポートする英オンライン・メディアは後を絶たない。日本の食文化になじみのない読者へ向けて、ほとんどの記事で「餅とは何か」という説明書きを付けていて、餅文化の普及にも一役買っている。

同時に、餅アイスは日本の文化と西洋のアイスクリーム文化が合体したものとして扱われており、特に海外における餅アイスの生みの親として知られる米企業Mikawayaへの敬意は大きい。

海外における餅アイスの製造は、カリフォルニア発の和菓子専門店Mikawayaが先駆けだと言われている。1990年代に7種のフレーバーから始まった餅アイスは、Mikawayaから派生した2015年誕生のブランド、My/Mochiへと発展。現在も米国とカナダの市場の9割を担っているという。

一方、イギリス発のブランドLittle Moonsは10年に創業された。Little Moonsが小売市場で頭角を現し始めたのは15年で、大手オンライン・スーパーや自然食品スーパーへ卸し始めたことで一般にその存在が知られるようになった。最初はバニラ風味、ラズベリー風味などイギリスで受けそうなものからスタートし、次にマンゴーやココナッツなど実験的なフレーバーも取り入れるようになった。

しかしイギリス国内の日本ファンからは、餅アイスはもっと前から知られた存在だった。和食レストランで提供されているからだ。

アジア系の簡易スーパーの棚に収まるLittle Moonsの商品。 アジア系の簡易スーパーの棚に収まるLittle Moonsの商品。 - 筆者撮影

高級和食を好む層が最初のターゲット

この20年にわたってロンドンの外食産業をウォッチしてきた筆者は、イギリスで餅アイスを一般に広めた立役者は他にもいると直感していた。97年にアメリカからやってきた高級和食レストランのNobuである。

早速Nobu Londonの広報に問い合わせてみると、思った通りの答えが返ってきた。

「Nobuはロンドンで餅アイスをデザートに取り入れた最初期のレストランだと思います。この10年間、当レストランでエグゼクティブ・パティシエを務めるレジス・キュルサンが、Little Moonsと協働して高品質の餅アイスの開発に取り組んできました」

Little MoonsとNobuには、つながりがあったのだ。

「雪見だいふく」からもコラボを依頼されていた

Little Moonsでは2010年の創業当時、国内レストランにアプローチし、デザート・メニューに餅アイスを取り入れるよう働きかけていたようだ。一般小売りに卸すようになる15年より前のことだった。Nobu Londonは最初からLittle Moonsとの強い絆を築き上げ、ともにフレーバーを開発してきた歴史があるということだ。

ロンドンのNobuグループのエグゼクティブ・パティシエであるレジスさんに話を伺ってみると、Nobu Londonで餅アイスを初めてメニューに載せたのは10年だったとのこと。

レジスさんによるとちょうどその頃、ロッテが雪見だいふく(1981年発売)のサンプルを持ってNobu Londonを訪れ、メニュー検討を依頼してきたそうだ。レジスさんはすでにLittle Moonsとのコラボを決めていたこと、またイギリス発の独立系ビジネスをサポートしたいという思いもあり断った。

「Little Moons創業者のヴィジョンには、当初から目を見張るものがあった。それで彼らと商品開発のコラボをすることにしたんだ。本当にいろいろなフレーバーを一緒に作った。彼らの商品をロンドンで初めてメニューに載せたのは、Nobu Londonだよ。今でも一緒に仕事をしているし、実は来年創業25周年を迎えるNobu Londonで餅アイスの限定フレーバーを出したいと思っていて、目下、Little Moonsと一緒に開発中なんだ」(レジスさん)

ロンドンにあるNobuグループ全体のパティシエ部門を統括しているレジス・キュルサンさん。彼のお気に入りはマンゴー味の餅アイスだそう。 ロンドンにあるNobuグループ全体のパティシエ部門を統括しているレジス・キュルサンさん。彼のお気に入りはマンゴー味の餅アイスだそう。 - Nobu London

10年代に5年にわたってNobu Londonのパティシエとして働いていた友人によると、餅アイスは特に日本人以外の客に大人気だったそうだ。現在では餅アイスをデザートとして提供しているアジア系のレストランは多く、ロンドンではすでに定番メニューとして認識されている。

Nobu Londonのデザート盛り合わせに使われている餅アイス。 Nobu Londonのデザート盛り合わせに使われている餅アイス。 - 筆者撮影

あわせて読みたい

「スイーツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    米ロ間で緊迫するウクライナと状況が似ている日本 国家戦略が乏しい“平和ボケ”の現状

    宇佐美典也

    01月25日 12:00

  2. 2

    年金が0.4%引き下げされてプンプンお怒りの皆さまへ

    永江一石

    01月25日 16:27

  3. 3

    「芸能改革元年」なるか 公正取引委員会が芸能界を狙い撃ち?

    渡邉裕二

    01月25日 09:01

  4. 4

    日本政府は歴史の事実をしっかり世界に説明する勇気と度量を持つべきだ

    深谷隆司

    01月25日 10:29

  5. 5

    濃厚接触者への制限で社会が止まる。大至急、コロナの特性と現状に見合った方針転換を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    01月25日 09:49

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。