記事

中国テニス選手がメールで「性暴力告発は虚偽」 WTAは真正性に疑念

中国のテニス選手、彭帥さん(35)が前副首相から性的暴行を受けたと告発した問題で、国営メディアは17日、彭さんが書いたとされる電子メールについて報じた。女子テニス協会(WTA)のトップは、本物か疑わしいとしている。

中国スポーツ界の大スターの彭さんは、同国の元最高幹部から性暴力を受けたと今月初めにソーシャルメディアの微博(ウェイボ)で告発。以来、消息不明となっている。

放送局・中国環球電視台(CGTN)はオンライン版で17日、彭さんの執筆だとするメールを掲載。彭さんが自ら語る体裁で、行方不明でも危険な状況でもないとし、「自宅で休養しているだけで、すべて良好だ」と書かれている。

自身に関する性的暴行の訴えについては、虚偽だとしている。

これに対しWTAのスティーヴ・サイモン最高経営責任者(CEO)は17日、声明を発表。彭さんが書いたか、代理人が彭さんの思いを記したメールだと「信じるのは難しい」とし、「彼女の安全と居場所に関する私の懸念は高まる一方だ」とした。

安全だと示す証拠求める

サイモンCEOはまた、「WTAおよび世界中が、彼女の安全を証明する、独立的で検証可能な証拠を必要としている」と主張。

性的暴行被害の訴えは「完全に透明かつ検閲なしに」調査される必要があると、改めて強調した。

「女性の声は聴き入れられ尊重されなくてはならない。検閲や指図を受けるものではない」

<関連記事>

スクリーンショットへの違和感

彭さんが書いたとされるメールをめぐっては、ソーシャルメディアでも真正性を疑う声が上がっている。

BBCのスティーヴン・マクドネル中国特派員はツイッターで、メールの画面のスクリーンショットにカーソルが見えると指摘。「このスクリーンショットを誰がいつ撮ったのか? 誰が送ったのか?」と疑問を投げかけた。

大坂選手らも懸念

彭さんの告発をめぐっては、WTAやテニス界の有力者たちから発言が相次いでいる

大坂なおみ選手はツイッターで、#WhereisPengShuai(彭帥はどこに)というハッシュタグを使い、「彭帥とその家族が安全で大丈夫だと願っている。現状にショックを受けており、愛情を送る」などと投稿した。

男子世界ランキング1位のノヴァク・ジョコヴィッチ選手(セルビア)も今週、衝撃を受けたとし、彭さんの無事を願っていると発言。ニコラ・マウ選手(フランス)は「私たちみんなが心配している」と述べた。

彭さんの訴え

彭さんは今月2日にウェイボへの投稿で、張高麗前副首相(75)から性的関係を「強要された」と訴えた。投稿はその後、削除された。

張さんは2013~2018年に副首相を務め、習近平国家主席に近かった。張さんは彭さんの訴えに反応していない。

中国の有力政治指導者に対して、このような訴えがなされたのは初めて。

彭さんは女子ダブルスの元世界ランキング1位。グランドスラム(4大大会)のダブルスで2回優勝している(2013年ウィンブルドン、2014年全仏。ペアの相手はともに台湾の謝淑薇)。

シングルスでも2011年、ランキングを最高14位まで上げた。2014年の全米オープンでは準決勝まで勝ち進んだ。

(英語記事 Doubt cast on email from Chinese tennis star

あわせて読みたい

「彭帥(ポン・シュアイ)」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  2. 2

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  3. 3

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  4. 4

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  5. 5

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  6. 6

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  7. 7

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  8. 8

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  9. 9

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  10. 10

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。