記事
  • ロイター
  • 2021年11月18日 08:05 (配信日時 11月18日 10:04)

EXCLUSIVE-米、石油備蓄放出の検討要請 日本や中国に=関係筋


[ワシントン 17日 ロイター] - バイデン米政権は、石油を大量に消費する一部の国に対して、価格を引き下げ景気回復を後押しするための協調した取り組みとして、石油備蓄の放出を検討するよう要請した。複数の関係者が明らかにした。

原油価格は10月下旬、7年ぶり高値を記録した。原油需要はパンデミック(世界的大流行)前の水準までほぼ回復しているが、供給が追い付いていない。

石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどの非加盟産油国で構成する「OPECプラス」は11月初旬に開いた閣僚級会合で、協調減産幅を毎月日量40万バレルずつ縮小する現行の計画を12月も維持することで合意した。米国は、追加増産を実施するよう求めていたが、受け入れられなかった。

関係筋の1人は「世界の主要消費国がOPECに『対応を変えるべき』とのメッセージを送るという象徴的な意義についてわれわれは話している」と述べた。

原油価格はロイター報道を受けて軟化した。

関係筋によると、米政権は過去数週間、日本、韓国、インドなどの同盟国および中国にこの問題を提起しているという。

関係筋の1人によると、当初の接触で日本側は前向きな反応を示したという。その他の国の反応については今のところ不明だ。

協議に参加している米関係筋は、備蓄放出する場合の米国の規模について、市場に影響を与えるには2000万─3000万バレル超とする必要があると指摘。米国戦略石油備蓄(SPR)からの売却もしくは貸与、またはその双方の可能性がある。

ホワイトハウスは、他の国との具体的な協議の詳細についてはコメントを控えている。ホワイトハウスの国家安全保障会議の報道官は、「何も決定されていない」と述べた。

さらに、ホワイトハウスはこの数週間「世界のエネルギー供給と価格が世界経済の回復を妨げないよう、エネルギー消費国と協議している」と説明しているとし、行動が必要な場合に備えてさまざまな手段を検討していると述べた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  8. 8

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  9. 9

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  10. 10

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。