記事
  • ロイター
  • 2021年11月18日 07:25 (配信日時 11月18日 07:23)

NY市場サマリー(17日)米国株下落、ドル下落、利回り低下

[17日 ロイター] -

<為替> ニューヨーク外為市場では、ドルが一時16カ月ぶり高値を付けた後に下落した。インフレが高止まりする中、主要中銀の引き締め時期が注目されている。市場では、米連邦準備理事会(FRB)が早ければ2022年半ばに利上げに踏み出すという観測が織り込まれた。

終盤の取引で、主要通貨に対するドル指数は0.101%安の95.846。一時、2020年7月半ば以来の高値となる96.266を付ける場面もあった。

ドル/円は2017年3月以来の高値となる114.975円を付けた。その後は114.135円近辺で推移した。

ドルは対ユーロでも上昇し、一時節目となる1.12ドルを試した。その後、ユーロ/ドルは0.07%安の1.132ドル。

オアンダのシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「不安定な状況だ。市場はインフレ動向に固執している」と述べた。

<債券> 米金融・債券市場ではこのところの利回り上昇を受けた買いが入り、利回りが低下(価格は上昇)した。20年債入札が軟調だったものの、ひどい結果にならなかったことも作用した。

10年債利回りは一時1.65%と10月26日以来の高水準を付けたが、その後は1.61%に低下した。

同利回りは先週は1.42%の低水準にあったが、10日に発表された10月の消費者物価指数(CPI)が前年同月比6.2%上昇と、1990年11月以来31年ぶりの大幅な伸びを記録したことを受け、上昇。

BMOキャピタル・マーケッツ(ニューヨーク)の 金利ストラテジスト、ベン・ジェフリー氏は「ここ数日の利回り上昇(価格低下)を受け、テクニカルな要因で国債に買いが入ったと考える論拠はある」としている。

財務省が実施した230億ドルの20年債入札は応札倍率が2.34倍、最高落札利回りが2.065%。

<株式> 米国株式市場は下落して取引を終えた。インフレやサプライチェーン(供給網)を巡る懸念に圧迫された。米連邦準備理事会(FRB)が予想よりも早期に利上げを開始するとの見方が高まっている。

小売り大手ターゲットは好調な決算を発表。通年の見通しを引き上げたほか、利益が予想を上回った。ただ、株価は下落し、前日の同業ウォルマートの下げに追随した。両社ともサプライチェーンの問題により第3・四半期の利益率が圧迫された。

18日に決算発表を控えるメーシーズ、コールズ、来週に発表予定のギャップ、アーバン・アウトフィッターズなど他の小売企業も株価が下落した。

ただ、一部の小売株は逆行高となった。ディスカウント小売大手TJXは取引時間中の最高値を更新。決算が市場予想を上回ったほか、自社株買い計画を拡大、年末商戦期の需要に対応する体制が整っているとの見通しを示したことが好感された。

ホームセンター大手ロウズも上昇。堅調な米住宅市場を背景に建設会社などからの需要が増加していることから通年の売上高見通しを引き上げた。同業ホーム・デポも前日、好調な決算を発表していた。

<金先物> ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は、米株価が下落する中、強気筋の押し目買いなどが入り反発した。

米株安を受けて、投資家のリスク回避姿勢が強まり、安全資産である金塊が買われやすかった。インフレが高止まりする中、インフレヘッジ手段としての金の需要増への期待が支えとなる中、前日の下落の後で先高感からの買いが入ったもよう。

ただ、外国為替市場では対ユーロでドル高が進行したことで、ドル建て商品としての割高感が金相場の上値を抑えた。

<米原油先物> ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は、供給逼迫(ひっぱく)懸念の後退を受けて売りが膨らみ、続落した。

国際エネルギー機関(IEA)は前日公表した11月の石油市場報告で、世界の石油需要は堅調なものの、欧州で新型コロナウイルスが再流行していることや、工業活動の脆弱(ぜいじゃく)さ、米シェールオイル増産の動きなどを理由に、2021年と22年の伸び予測をほぼ据え置いた。また、石油輸出国機構(OPEC)のバーキンド事務局長も早ければ12月以降、市場のバランスは供給過多に傾くとの見解を示し、相場は朝方にかけて小安く推移した。

一方、米エネルギー情報局(EIA)が午前に発表した週報では、原油在庫が210万バレル減と、市場予想に反して4週ぶりの取り崩し。石油製品も予想通りマイナスとなり、発表直後は一時80ドル台を回復した。しかし、買い戻しの流れは続かず、その後は下げ足を速める展開。バイデン米大統領がガソリン価格抑制に向け、業界への監視を強める方針を示したことにも注目が集まった。

ドル/円 NY終値 114.07/114.12

始値 114.73

高値 114.76

安値 113.94

ユーロ/ドル NY終値 1.1319/1.1320

始値 1.1324

高値 1.1332

安値 1.1294

米東部時間

30年債(指標銘柄) 17時05分 97*29.00 1.9678%

前営業日終値 96*25.50 2.0180%

17時05分 98*02.00 1.5854%

10年債(指標銘柄)

前営業日終値 97*20.00 1.6340%

5年債(指標銘柄) 17時05分 99*16.00 1.2294%

前営業日終値 99*10.25 1.2670%

2年債(指標銘柄) 17時05分 99*24.38 0.4979%

前営業日終値 99*23.00 0.5200%

終値 前日比 %

ダウ工業株30種 35931.05 -211.17 -0.58

前営業日終値 36142.22

ナスダック総合 15921.57 -52.28 -0.33

前営業日終値 15973.86

S&P総合500種 4688.67 -12.23 -0.26

前営業日終値 4700.90

COMEX金 12月限 1870.2 +16.1

前営業日終値 1854.1

COMEX銀 12月限 2516.7 +22.3

前営業日終値 2494.4

北海ブレント 1月限 80.28 ‐2.15

前営業日終値 82.43

米WTI先物 12月限 78.36 ‐2.40

前営業日終値 80.76

CRB商品指数 236.1353 ‐1.3568

前営業日終値 237.4921

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  4. 4

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  5. 5

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    納税者感覚の徹底こそが維新 - 11月27日のツイート

    橋下徹

    11月28日 14:21

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。