記事
  • WEDGE Infinity
  • 2021年11月18日 16:14 (配信日時 11月18日 05:59)

中国の新極超音速兵器実験への狙い - 岡崎研究所

中国が核搭載可能な極超音速の滑空体の実験を行ったことが伝えられているが、10月23日付の英Economist誌が、この兵器の特質を解説し、中国の核兵器の分野での野心が加速度的に大きくなっていると指摘している。


DancingMan / iStock / Getty Images Plus

中国による新たな極超音速兵器の実験は英Financial Times紙が初めて報道した。情報源は米国の情報当局のようである。同紙によれば、 実験の日取りは7月27日であるが、8月13日にも同様の実験が行われたとしている。  この兵器は、ロケットで核搭載可能な滑空体を載せた宇宙船(orbiter)を地球を回る低高度の軌道に投入する、地球を回る軌道のどの時点て滑空体が切り離されたかは明らかでないが、滑空体は滑空して(不規則な軌道を描く)大気圏に突入し、地上の目標に命中する。目標がどこに設定されていたのかも不明であるが、Financial Times紙によれば、実験では目標を「約24マイル」外れたとされている。

つまり、宇宙船(orbiter)と滑空体(glider)を組み合わせた新たな兵器である。その意味で大気圏内を飛行する極超音速滑空体(hypersonic glide vehicle=HGV)と区別されるものである。

先月、米国の空軍長官ケンドールは中国は「宇宙から世界中を攻撃する潜在力」を含め巨大な技術的進歩を遂げたと述べた由であるが、理論的には、中国が開発中のこの兵器は北に向いている米国のミサイル探知とミサイル防衛網をかいくぐり南から米国を攻撃出来ることになる。

恐らく、米国のミサイル防衛網を突破することが中国の重要な動機であろう。大陸間弾道ミサイル(ICBM)の増強の動きにも反映されているが、核戦力を全体として増強する意図のようである。

気になる米中露の関係

実戦配備に至るかどうかは分からないが、この動きは戦略環境を不安定化させるものに違いない。折からバイデン政権の「核態勢の見直し(Nuclear Posture Review)」 が進行中であるが、搭載出来る弾頭はICBMに比較して小さくならざるを得ないこと、今後の米国のレーダー網や迎撃ミサイルの能力向上との関係をどう見るかなど、中国の実験の意味合いが検討されることになろう。

ロシアとの間では、6月のバイデンとプーチンの首脳会談の合意に基づく「戦略的安定対話(Strategic Stability Dialogue)」が7月に始まっている。中国の動きは米国をして将来の戦力に制約を課すことを躊躇させ、軍備管理の進展を阻害しかねないという問題がある。

他方、ロシアも中国の昨今の動向に無関心でいられるはずはない。2026年のNew START条約の失効後を睨んだ軍備管理の協議に中国を引き込み得る可能性は現段階ではないが、核兵器の分野で中国と対峙する上で、ロシアとの協力の可能性を探る努力は有益たり得るであろう。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  2. 2

    日本ではオミクロン株はやはりそこまで怖くない?日本人のファクターXの証明

    中村ゆきつぐ

    12月09日 09:06

  3. 3

    今世紀中に追いつくことは不可能…日本のドラマが韓国ドラマに大きく差をつけられたワケ

    PRESIDENT Online

    12月08日 15:36

  4. 4

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  5. 5

    国交省が撤回したコロナ水際対策の国際線新規予約停止 岸田首相「関係閣僚が集まった場で話が出なかった」

    BLOGOS しらべる部

    12月09日 09:32

  6. 6

    バスタオルを口に詰めて殴られ…人気女子高生YouTuberの“父からの虐待”告白が波紋

    女性自身

    12月09日 09:34

  7. 7

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  8. 8

    大阪万博は「カジノ有りき」だが、それで正当化を狙ったものではない

    木曽崇

    12月08日 14:24

  9. 9

    ひろゆき氏、幼児教育に懐疑論「民間療法みたいなもの。やりたい人がやればいい」

    ABEMA TIMES

    12月08日 13:21

  10. 10

    10万円給付問題。曖昧な基準で自治体に責任を押し付ける政府は極めて無責任

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月09日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。