記事
  • ロイター
  • 2021年11月18日 01:20 (配信日時 11月18日 01:13)

中国、石炭のクリーン利用に314億ドルの再融資枠


[北京 17日 ロイター] - 中国は、石炭のクリーンな利用を支援するため、2000億元(313億5000万ドル)相当の特別再融資枠を設立する。中国の国営中央テレビ(CCTV)が17日夕、中国国務院(内閣に相当)の話として伝えた。

英グラスゴーで開催された第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)で、世界最大の石炭生産および消費国の中国が石炭火力の「段階的廃止」という表現を弱めるよう働きかけたという批判に対し、中国は石炭消費量の削減に向けて「多大な努力」を既にしていると反論していた。

CCTVによると、この再融資枠は、石炭のクリーンで効率的な処理を促進するのに充てる。具体的な内容は明らかにされていないが、有害な汚染物質や不純物を除去する洗浄などが含まれる可能性がある。

この再融資枠は、安全で効率的、環境に配慮したスマートな石炭採掘を促進し、石炭鉱床にある非従来型の天然ガス「炭層メタン」の開発、利用を促進することも目的としているという。

国務院は、この再融資枠は中国人民銀行(中央銀行)が今月発表した二酸化炭素(CO2)排出量削減のための融資に追加するものだと説明した。中国人民銀行は8日、中国の長期的なカーボンニュートラル目標に向け、企業のCO2排出量削減を支援するため金融機関に低コストで融資をすると発表していた。

石炭はCO2排出の大きな要因となっており、中国の一次エネルギー消費量に占める石炭の割合は2020年に56.8%だった。10年前の約68%からは低下した。

習近平国家主席は9月、中国が海外での石炭火力発電プロジェクトの新規建設を中止すると発表した。だが当局は数週間前に、電力不足を解消するために国内での化石燃料生産量の増加を指示した。

習氏は4月、中国が26年から石炭使用の段階的削減を始めると語っていた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  2. 2

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  8. 8

    フェミニズムがなぜ誤解されがちなのか、僭越ながら愚考してみた

    NEWSポストセブン

    11月28日 16:38

  9. 9

    不明点が多いο(オミクロン)株に医師「いい情報と悪い情報が混在」

    中村ゆきつぐ

    11月29日 09:51

  10. 10

    みずほ銀行における過去のシステム障害 当時の経営責任者は現NHK会長

    鈴木宗男

    11月28日 09:19

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。