記事

東芝の3社分割は〝吉〟と出るか

東芝が主要事業ごとに会社を3分割する計画を発表しました。日本の大企業が会社を完全に分割するのは、例のないことです。2015年の不正会計発覚以降、迷走を続けてきた東芝は、これを機に生まれ変われるか。創業140年の名門企業は活路を開くことができるでしょうか。


東芝社長の綱川智氏は12日のオンライン記者会見で、「それぞれの事業が新しい企業風土で成長するチャンス。企業価値を最大化できる最善の道」と、3社分割について説明しました。

発電システムや交通システム、エレベーターなどを扱う「インフラ社」、パワー半導体やハードディスクなどを扱う「デバイス社」、残る東芝本体が半導体大手キオクシアホールディングスの株式を管理する会社になる計画です。

これまでも、電力会社や自治体などと長期の事業を行う「インフラ事業」、短期の市況に左右される「デバイス事業」は、経営の時間軸が異なることから、一手に舵取りするのはむずかしい状況にあったのは確かです。

分割案は、来年開く臨時株主総会で承認を得たうえで準備が進められ、23年度後半に分離する2社の上場完了を目指すことになりますが、分割して企業規模が小さくなる中で、それぞれの会社が競争力を高め、成長を実現できるかどうか――。

「基礎研究などは課題になる」と、綱川氏は会見で述べました。

実行に移すにしても、さまざまな問題をクリアする必要があります。まずは、臨時株主総会で会社分割が承認されるかどうかですが、かりにも否定されれば、東芝の立て直しは一からやり直しになります。いかにして株主の理解を得ていくのか。今後の最大の焦点といえるでしょう。

また、ご存じの通り、1875年創業の東芝は、140年の歴史を持つ日本の老舗企業の代表格です。国内初のカラーテレビの開発、世界的にヒットしたラップトップパソコン「ダイナブック」など、数々のヒット商品を生み出してきました。

家電から原子力まで幅広く手掛けてきた「総合電機メーカー」としての世界的知名度もあります。

分割されれば、歴史ある企業としてのイメージが失われることへの懸念も否定できないでしょう。

会社分割を事実上の東芝「解体」とする声もありますが、それに対して、綱川氏は「解体ではなく、未来に向けた進化」と説明しました。

東芝が、未来に向けて進化できるかどうか。まずは、円滑な移行に向けた準備を進め、株主の理解を得るところから始めなければならないのは確かです。

あわせて読みたい

「東芝」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    毎日新聞記者の脅迫的取材 毎日新聞はジャーナリズムとは認められない

    和田政宗

    12月08日 12:52

  2. 2

    日本人が大好きな「両論併記」によって致命的な戦争が決定された――日米開戦80年目の真実 - フォーサイト編集部

    新潮社フォーサイト

    12月08日 09:47

  3. 3

    日大・田中英寿前理事長の逮捕で “ドンの宿敵” が権力闘争宣言!「彼は最低の人間」

    SmartFLASH

    12月08日 09:09

  4. 4

    今世紀中に追いつくことは不可能…日本のドラマが韓国ドラマに大きく差をつけられたワケ

    PRESIDENT Online

    12月08日 15:36

  5. 5

    ひろゆき氏、幼児教育に懐疑論「民間療法みたいなもの。やりたい人がやればいい」

    ABEMA TIMES

    12月08日 13:21

  6. 6

    大阪万博は「カジノ有りき」だが、それで正当化を狙ったものではない

    木曽崇

    12月08日 14:24

  7. 7

    【追悼 川柳川柳師匠】軍歌を歌い続け「戦争体験」を伝え続けたオンリーワンの落語家

    松田健次

    12月08日 09:00

  8. 8

    前澤友作さんら搭乗のソユーズロケットが打ち上げ

    ABEMA TIMES

    12月08日 17:17

  9. 9

    新卒の「大企業へ就職」は負け? 発展性の乏しい大企業で何を学ぶかが大事

    川北英隆

    12月08日 09:41

  10. 10

    冬のボーナス、明暗分かれる 「支給なし」は旅館・ホテルで5割超

    キャリコネニュース

    12月08日 14:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。