記事

45歳で定年? だったらこっちから会社員思考を卒業してやろうと思う

1/2


サイボウズ式特集「ブロガーズ・コラム」。元コピーライターで、現在は企業の事業・創造的活動の支援に取り組んでいるいぬじんさんに、「45歳定年発言について思うこと」について執筆いただきました。

45歳定年発言に腹を立てたけど、それだけでは何も始まらない

大企業の経営者による「45歳定年制を敷いて会社に頼らない姿勢が必要だ」という発言に対して、ぼくは反射的にとても腹を立てた。

45歳になったら会社を定年退職しないといけないのなら、44歳のぼくもあと1年で終わりだ。子どもはまだまだ面倒を見なきゃいけないし、十分な貯蓄もできていないし、一体どうやって暮らしていけばいいのだ。

どうせ45歳だったら、たいした退職金ももらえないだろう。若いころから今までずっと忙しく働いてきたのに、ほとんど見返りもなく突然辞めさせられるなんて、ぼくらの世代に何の恨みがあるのだ。そう思った。

しかし時間が経つと、まあいろんな背景があるよな、とも思えるようになってきた。

たしかに45歳定年制は、経営者にとっては、若くて安い労働力だけを確保し続けられるおいしい考えだろう。だが一方で、これまでのように高齢の社員たちを雇い続ける余裕が企業になくなってきている、ということも確かだろう。

日本の企業は従業員を長く雇用し続けることで、社会保障の一部を担ってきたともいえる。その役割を企業は放棄しようとしはじめているのだ。

これまでは「高齢化」というと、ずっと年齢が上の人たちのことばかりが話題となってきたが、高齢化によって増え続ける社会保障負担の重みが、ついに45歳以上の現役世代にも直接やってきた、ということなのかもしれない。

このことについて怒ったり、非難したりすることに意味がないわけではない。ぼくも基本的にこういうことを大企業の経営者が言うべきではないと考えている。だが、ちょっと立ち止まって、1人の「45歳定年」直前の人間として何ができるだろうかと考えてみた。

45歳定年で心配なのは、収入・変化・時間。でも、これは今までも同じ

そもそも、45歳で定年を迎えた場合、一体どんなことに困るのだろうか。

まず一番心配なのは収入だ。45歳で会社を辞めさせられた場合、そのあとに十分な収入を確保できる保証はない。仮に収入があったとしても20代や30代よりも低いかもしれない。

そもそもどこの会社も45歳以上の人間を放出するようになれば、雇用市場は45歳以上の人間であふれかえってしまい、再就職をするのはとても難しくなるだろう。できたとしても安く買いたたかれて、ひどく低い収入で我慢しながら、必死に働き続けないといけなくなるかもしれない。

次に心配なのが変化に対応することだ。若いころと違って無理はきかないし、新しいことを覚えるのに時間がかかる。イチから学び直しても、若い人たちのように十分に力を発揮できないかもしれない。今から英語が必要だとかプログラミングが必要だとか言われても、そんなに簡単にはいかない。

また、それ以上に心配なのは時間だ。ぼくなんかはまだ子育てが終わっていないから、自分の市場価値向上のための時間を十分に確保できない。今だって自分のための時間なんてほとんど使えないというのに、年を取って体力も時間もない中で、一体いつ自分の勉強をすればいいというのだろう。

とまあいろいろと心配なことはある。ただ、よく考えてみるとこれらの心配事は定年を迎えていない今でも十分に気にしていることではある。

いずれにしたってぼくは年を取って、収入が減ることを心配し、変化に対応できなくなることを心配し、自分のために使える時間がほとんどないことを心配しているのである。それはどっちみち、避けられない心配事なのだ。

本当の不安は、なじんだ職場からたった1人で放り出されること

そこで自分の胸に手を当ててもう一度考えてみるに、本当に不安なことは、これまで働き慣れた職場から離れて、人となりを十分に知っている人たちとのつながりから切り離されて、たった1人で世の中に放り出されることなのかもしれない。

会社というものは本当によくできていると思う。何もしなくても勝手に自分のやるべきことが与えられるし、それに取り組んでいるだけで給料が支払われる。

また、社会における自分の役割も与えてもらえる。どういう業界のなんという会社のどんな役職のなんの仕事をする人なのかというプロフィールが手に入る。それは社会的信用となり、周りはもちろん自分自身にとっても大きな安心材料となる。

会社だけではない。子どものころは小学校に通い、中学生になり、高校や大学に進む。そして就職する。いつも何かの組織の中に組み込まれてきた。

だからぼくは、これまで社会と自分とのつながりについてあまり悩む必要がなかったのだ。日本の社会というのは、自分と世の中との関係性について真剣に悩まなくても、組織に所属することで何らかの役割が与えられる楽ちんな社会だったのだ。

そんなよくできたシステムから切り離されて本当にやっていけるのだろうか。それが「45歳定年」に対してぼくが本当に不安に感じていることなのかもしれない。

「会社とだけ」のつながりを見直す

もし45歳で会社から放り出され、世の中とのつながりを失ってしまうとしたら、ぼくは一体何ができるのだろう。

その時にまず大事なのは、英語を覚えたり、プログラミングを学んだり、資格を取得したりする「自分磨き」ではないような気がする。

ぼくらの世代は就職氷河期世代で、若いころに自己責任なんていう考えが流行ったせいか、ついなんでも自分で解決しようとする。自分のスキル、自分のキャリア、自分の専門性ばかりに目が行きがちだ。

たしかに、いつ今の環境から切り離されるかわからない時代。自分の強みをしっかりと磨くことも大切だろう。だけど、それよりもぼくらが考えるべきは「自分はこれからどのようにして世の中とつながっていくのか」ということについてだと思う。

これまでは、ぼくは「会社」というひとつの社会に属していた。会社は向こうからわざわざぼくとつながりにきてくれる。

営業に若いやつが必要だという理由で別の職場に引っ張られたり、この面倒な仕事をやってくれる人が欲しかったという理由で得意先から依頼が来たり、あるいはどこかで評判を聞きつけた人から新しい相談をもらったり。

定年を迎えるということは、そういったありがたいつながりを一切失うということだ。

どうすればいい?

いろんな答えがあるだろうけど、ぼくが思うのは、これからは、自分からつながりを作っていく番なのではないか、ということだ。

いや、これまでだっていろんな人とつながってきたよ、という意見もあるだろう。だけどそれは、会社の仕事という明確な目的があったからじゃないだろうか。

営業成績を上げるために得意先とのつながりを作る。商品を開発するために力を貸してくれる人とのつながりを作る。社内のプロジェクトをうまく進めるために組織横断での非公式なつながりを作る。

どれも会社というよくできたシステムの一部として組み込まれていたからこそ、できていたことじゃないだろうか。これからは、そのつながりを会社のためではなく、自分のために作っていけばいいのだ。

それはちょっと難しい。だけどとてもワクワクすることだと思う。

あわせて読みたい

「雇用・労働」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    男性が「男らしさ」を追求する本当の理由

    御田寺圭

    12月01日 10:08

  2. 2

    まるで料理写真の教科書 政府系金融機関が出した写真の撮り方マニュアルが話題に

    川島透

    12月01日 09:00

  3. 3

    言うべきこと言わない、言われたことだけしかしない by みずほ

    ヒロ

    12月01日 10:32

  4. 4

    一連の世代交代、執行部交代で、あちらこちらで改革のエネルギーが少しは高まったかな

    早川忠孝

    12月01日 14:33

  5. 5

    立民・泉代表が役員人事案の骨格を発表 2日に両院議員総会で承認を得たいとの考え示す

    立憲民主党

    12月01日 17:14

  6. 6

    ウイグル弾圧、習主席らの関与示す「新疆文書」が流出

    BBCニュース

    12月01日 15:56

  7. 7

    高市早苗氏 中国への情報流出を危惧「入国時のスクリーニングを」

    BLOGOS編集部

    12月01日 09:02

  8. 8

    「オミクロン株」国内初確認 医師から見た“入国停止”対策「2つの意味」

    ABEMA TIMES

    12月01日 17:22

  9. 9

    鬼束ちひろ 飲酒なし、薬物検査も陰性…救急車キックで逮捕も“パニックの理由”に広がる同情

    女性自身

    12月01日 10:17

  10. 10

    「独身男性が猫の譲渡受けるの不可能じゃん」書き込みが話題に

    キャリコネニュース

    12月01日 10:08

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。