記事

スーツ不振が長期化 大手4社が赤字続く

 コロナ禍でのリモートワーク定着や外出控えなどで需要減が深刻な紳士服大手4社の業績回復が遅れている。「紳士服のコナカ」などを展開する(株)コナカ(TSR企業コード: 350617880、東証1部)は、2021年9月期の連結営業利益は78億2500万円の赤字だった。3月期決算の他の大手3社の2021年4-9月(中間)の連結営業利益も、そろって赤字で苦戦が続いている。

 11月15日、コナカが2021年9月期の通期連結決算を発表した。それによるとコロナ禍の長期化で来店客数が想定を下回ったほか、連結子会社の(株)サマンサタバサジャパンリミテッド(TSR企業コード: 293842310、東京都港区、マザーズ)の不振も響いた。

 3月期決算の大手3社は11月12日までに4-9月(中間)決算を発表している。「洋服の青山」、「ザ・スーツカンパニー」などを展開する業界トップの青山商事(株)(TSR企業コード:720045720、東証1部)の連結営業利益は70億5900万円の赤字、「AOKI」などを運営する(株)AOKIホールディングス(TSR企業コード:292080697、東証1部)は同30億9400万円の赤字、(株)はるやまホールディングス(TSR企業コード:710025203、東証1部)は、同36億5900万円の赤字だった。

 紳士服大手4社は、コスト削減や店舗閉鎖などを加速している。3月期決算の3社はいずれも2022年3月期の連結決算では営業利益を黒字予想し、コナカも2022年9月期の連結業績予想は黒字転換を見込む。AOKIホールディングスは、新生活様式のニーズの応えた「パジャマスーツ」を新たに展開している。これから卒業式、入社式などの需要期を迎えるが、コロナ感染者数の動向や在宅勤務の定着次第では回復が遅れる可能性も残している。

苦戦が続く紳士服業界

あわせて読みたい

「アパレル」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    医療逼迫には至らない?ワクチン接種者の重症例の報告少ないオミクロン株

    中村ゆきつぐ

    12月04日 10:29

  2. 2

    韓国 感染拡大止まらず 新規感染者5300人超え 重症者・死者数の全てで過去最多を更新

    ABEMA TIMES

    12月04日 15:38

  3. 3

    思い通りにならなければ批判?企業の「毅然とした対応」を求める人々

    赤木智弘

    12月03日 13:15

  4. 4

    「コロナ対策優等生」ドイツが感染爆発を防げなかった理由 - 熊谷徹

    新潮社フォーサイト

    12月03日 16:13

  5. 5

    NHKが映らない? 受信料拒否はNHKへの批判にはならない

    猪野 亨

    12月04日 09:55

  6. 6

    そもそもオリンピックを中国で開催して良いのか

    和田政宗

    12月04日 10:20

  7. 7

    文書通信費を巡る改革案 自民党の提案は維新方針と異なり合意ならず

    鈴木宗男

    12月04日 17:25

  8. 8

    「野党合同ヒアリング」は見直す?見直さない?

    大串博志

    12月04日 21:40

  9. 9

    西野亮廣「映画、ドラマ、音楽も…日本のエンタメが韓国に負け続ける根本理由」

    PRESIDENT Online

    12月04日 12:44

  10. 10

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。