記事

「分配」の充実へ

再スタートした岸田内閣は「成長と分配の好循環」、とりわけ分配の充実に舵を切り始めている。まずは公明党がこの度の選挙で公約としてきた「18歳以下の子どもに10万円の未来応援給付金」を自民党としても受け入れ、今年の予備費からまず5万円を支給し、今後の補正予算から5万円クーポン券の発行を合意した。

ただしバラマキとの批判を避けるため、年収960万円以下の世帯を対象とした。子どもを持つ世帯の9割程度が対象となり、公明党も折り合ってくれた。なお迅速な給付を行うため、現行の児童手当制度を活用するという。

今後は補正予算の中で対応するが、看護士、介護士、保育士などの公定価格で決められた給与を増額することだ。この点は岸田総理自身が総裁選挙で述べてきたことだ。看護士を除いて、民間企業の平均給与よりも5、6万円安く設定され、ただでさえもきつい仕事のため、慢性的に人手不足に陥っている。この事態を解消して、給与の底上げを図る算段だが、今後継続的に給与を維持していくためには、それぞれの制度の根本的な見直しが迫られている。

自民党が選挙公約としてきた生活困窮者への支援、具体的には非課税世帯や困窮する大学生に10万円を支給するアイデアも、今後補正予算編成の中で前向きに検討されるだろう。また給与を一定以上に引き上げた企業や、非正規雇用から正規雇用に転換した企業に対する優遇税制も今後制度設計に入る予定だ。大企業の労使交渉において、総理が直接賃上げを求めることもアイデアとして浮上している。

以上のような政策により、コロナ禍などにより生活に困窮する個人を救済するとともに、分配の底上げを目指そうとしているが、過去の給付で問題となった手続きの煩雑さや遅延を防がなければならない。またバラマキに対する国民の目も厳しくなってきているので、真に救済が必要としているところに確実に支援が届くよう、適切な制度設計が求められている。

あわせて読みたい

「岸田文雄」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

  7. 7

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  8. 8

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

  9. 9

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  10. 10

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。