記事

「歴史を暗記するより、数学を学んでほしい」早稲田政経の入試改革が伝える"あるメッセージ"

1/2

2020年度、大学入学共通テストが始まった。入試の変化は私立大学でも起きている。大学入試改革に詳しい石川一郎さんは、「なかでも話題になったのが、早稲田大学政治経済学部の入試改革だ。数学は必須化され、社会の入試も大きく変わった」という――。

※本稿は、石川一郎『いま知らないと後悔する2024年の大学入試改革』(青春新書インテリジェンス)の一部を加筆・再編集したものです。

早稲田大学の大隈講堂2020年5月25日、早稲田大学の大隈講堂(東京都新宿区) - 写真=時事通信フォト

コロナの陰でひっそりと始まった教育大改革

2020年度から小学校で新学習指導要領が導入され、大学入試改革が行われた。新しい大学入試では、「大学入試センター試験」が「大学入学共通テスト」へと名前を変え、これまでの知識を中心とした入試から、「思考力」「判断力」「表現力」を測る入試へと変わることは決まっていたが、当初予定していた英語の4技能(聞く・読む・話す・書く)評価と、国語と数学での記述式入試の導入については、採点の不透明さが指摘され土壇場で中止に。

こうした混乱ぶりだけがクローズアップされ、「教育改革といっても、結局、たいして変わらなかった」という見方をする人は少なくない。

また、タイミングとして、新型コロナウイルスの感染拡大に人々の関心が集中したこともあり、本来であればもっと大きく取り上げられるはずだった日本の教育大改革はひっそりと始まった。

「出口=大学入試」から日本の教育を変える

しかし、私は今回の大学入試は「確かに変化があった」と判断している。一番分かりやすい変化は、実社会を意識した内容にシフトチェンジしていることだ。30年ぶりとなる大改革が行われた背景には、急速な社会の変化がある。

PCやインターネットの普及によるIT化やグローバル化など、私たちが暮らす社会は30年前と大きく変わっている。さらに、今はコロナ禍で学校の授業はオンライン授業になり、自宅でリモートワークをする人が増えるなど、生活スタイルまでが激変した。この事態を2年前に予想することができただろうか。

このような未知の社会で生きていくには、今ある知識を使って、自ら考え、判断し、行動すること、すなわち「思考力」「判断力」「表現力」を鍛えることが重要だと考えられるようになった。文科省ではこれまでもこの3つの力を育成する教育を目標に掲げてはいた。

しかし、いくら理想を述べたところで、出口となる大学入試が変わらなければ、そのための勉強をせざるを得えない。そこで今回の改革では、大学入試の中身を変えることにしたのだ。

IT化やグローバル化の遅れによる日本経済の低迷は、従来の知識重視型の教育にあると考えた政府は、「強い日本」を取り戻すには、「教育の再生」が「経済の再生」と並んで重要課題であるとし、いよいよ本気で改革に乗り出したというわけだ。

実社会を意識、「使える英語」を求める問題に

変化が顕著に表れたのが、共通テストの英語だ。日本では小学5年生から英語に触れ、中高の6年間、さらには大学まで多くの時間を使って英語を学ぶ。ところが、それだけ多くの時間を費やしているにもかかわらず、外国人と英語でコミュニケーションをとったり、英文でメールを打ったりするのにもひと苦労するなど、実用的な英語力の乏しさが問題視されていた。

それでも、これまではなんとかやり過ごすことができたが、急速に進むグローバル化に英語力は必須になっている。共通テストには、こうした時代背景を意識した問題が多く出題された。スマートフォンによるメールのやりとりや、ファンクラブの案内やレビューサイト、ブログなど、日常生活に関連した英語素材が 多く使われていたのだ。

また、いくつかの情報や資料を比較したり、俯瞰してみたりして考えさせる問題や、事実と意見を区別して内容に合う記述を選んだりする問題も出された。事実と意見を区別することを「ファクト or オピニオン」と言うが、アメリカなどでは中学生くらいからかなり徹底して学習している。

インターネットやスマートフォンの普及で、さまざまな情報があふれている昨今、正しい情報とそうでない情報を見極めることは非常に大切なスキルだ。その訓練に必要なのが、事実と意見を自分で区別できるようにすること。共通テストでその要素を取り入れたということは、グローバル社会に対応できる人を育成していきたいという狙いがある。

多様な人々の会議でチームをまとめるリーダーの女性※写真はイメージです - 写真=iStock.com/monkeybusinessimages

「思考力」「判断力」「表現力」を測る問題が強化された

英語に限らず、共通テスト全体に言えることは、複数の素材から情報を読み取る問題が多かったことだ。情報は文章だけでなく、グラフや表、写真なども使われており、センター試験と比べて各教科の問題のページ数が大幅に増えている。問題文が長くなると難しくなったという印象を受けるが、極端に難しい知識を問う問題は出ない。

その代わり、その場で文章を素早く読み取り、グラフなどの資料と照らし合わせながら考え、判断し、答えを導く力が求められた。「思考力」「判断力」「表現力」を測る問題だ。「知識や情報を活用して考える力」は文科省が新学習指導要領で提唱しているもので、学校で学ぶことと大学入試の内容を合致させようとする意図が見てとれる。これは今までなかった変化だ。

早稲田政経は社会の独自問題をやめ、数学を必須にした

変化は私立大学入試でも見られた。なかでも注目すべきは早稲田大学政治経済学部の入試改革だ。早稲田の政経といえば、同大学でも最も難度が高いことで知られている。なかでも歴史の試験は、膨大な知識が要求された。

大学受験の歴史のバイブルといえば「山川の一問一答」と答える人は多いと思うが、それを隅から隅まで読んでも見逃してしまうような細かい知識を問う、受験生泣かせの試験内容だった。ところが、その社会の入試を独自問題から共通テストにあっさり切り替えたのだ。

フランスのナポレオン像※写真はイメージです - 写真=iStock.com/vale_t

変更点はほかにもある。これまでは大学独自の問題のみ、外国語(90点)・国語(70点)・地理歴史または数学(70点)の計230点満点という構成で、外国語と国語は必須、地理、歴史、または数学は選択の合計3科目入試だった。

それが2021年度入試から、共通テスト100点満点・大学独自試験100点満点の計200点満点に変わったのだ。共通テストは外国語・国語・数学(数学Ⅰ・数学A)・選択科目(地理歴史・公民、数学Ⅱ・B、理科のいずれか一つを選択)の4科目と、これまでより1科目増えることになった。また、大学独自の入試は「総合問題」と呼ばれ、国語と英語による長文を読み解いて解答する問題になった(記述解答もあり)。

あわせて読みたい

「大学入試改革」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  2. 2

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  3. 3

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  4. 4

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  5. 5

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  6. 6

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  7. 7

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  8. 8

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

  9. 9

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  10. 10

    ブッフェ・バイキング・食べ放題で持ち帰ったら犯罪になる? 本当の問題は……

    東龍

    12月02日 16:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。