記事

EXIT、軸は漫才 幅広く活動しているからこそ「2人で漫才している時が楽しい」

7月2日にアーティストデビューも果たし、順風満帆に右肩上がりの活躍を見せているお笑いコンビ・EXITのりんたろー。と兼近大樹。「第33回 マイナビ 東京ガールズコレクション2021 AUTUMN/WINTER」(TGC)ではMCとして軽妙なトークを繰り広げつつ、ランウェイも歩いた。そんな彼らにインタビューし、現在の活動について話を聞いた。

EXITのりんたろー。(左)と兼近大樹

――バラエティ番組やイベントに引っ張りだこですが、今一番やりがいを感じているのはどんな仕事ですか?

りんたろー。:いろんなことをやらせてもらっているからこそ、2人で漫才している時が楽しいですね。フリーな空間で2人だけで楽しくできるので、改めて僕たちは漫才が軸だなと感じたりします。

兼近:僕もそうです。メディアとかを全部お断りして、今後は劇場での漫才1本でやっていこうかなと2人で話しています。

りんたろー。:ハハハ。そんなことは言ってないです(笑)。たぶんそうなったら全然楽しくないと思います。本当に仕事が増えてありがたいことだなと、いつも2人で言ってます。

――7月2日に「なぁ人類」を配信リリースし、アーティスト活動も始められましたが、心境の変化はありましたか?

兼近:ゼロです。

りんたろー。:僕も変わらないです。でも、いろんなすごい番組に出させてもらったので、そこは良かったなと。これまで出たい番組を聞かれた時、『Mステ(ミュージックステーション)です』と言ってたんですが、そのボケが本当になったなと。だから今、同じ質問をされたら『紅白です』と言います。

兼近:僕もまったく同じ気持ちです。

――肩書に“アーティスト”が加わったという実感はありますか?

りんたろー。:いや、ないです。バク売れしたらそう感じられるのかもしれないですが、そこは今までどおりです。でも、夢が叶ってきているという実感はあります。

――お笑い芸人さんはいつも明るくポジティブな印象を受けますが、おふたりは落ち込んだ時、どう打開していくのですか? お互いに困ったことがあれば相談したりしますか?

りんたろー。:僕はします。兼近くんに「僕はこういうふうに思うんだけど、どう思う?」と聞いたりします。兼近くんはあんまり落ち込まないタイプなので、いろいろと相談します。

兼近:そうですね。そうかもしれない。

りんたろー。:兼近くんは跳ね返し方というか、つらい状態での走り方みたいなものを心得ていると思う。それを参考にしながら、僕もあんまり落ち込まないようにするというか、下を向きすぎないようにはしています。

――どちらかといえば、兼近さんのほうが聞き役ですか?

兼近:そうなのかもしれないです。僕はあまり落ち込みがないので。もちろん、りんたろー。さんに、自分の知らないことなど聞いたりはしますが。僕は基本的に、飯食って寝て、やりたくないことはやらない、というスタンスなので。それが一番いいんですよ。やりたくないことをやんなきゃいけないのが一番きついです。

――それは、紆余曲折あって行き着いた境地でしょうか?

兼近:そうですね。もしかしたらこれまでそうやって生きてきたのかもしれない。嫌なことは嫌です、と言ってきて、今があるという感じです。

――では最近、相方について、ここが少し変わってきたと感じる点はありますか?

りんたろー。:あります。兼近くんっていつも大盤振る舞いで、後輩とかにすごくおごっちゃったりするんです。でも、最近はいろんなことを我慢していて。例えば僕に「いいですか?」とジュースをおねだりしたり、ロケ弁とかをもらっていったりしているので、何かあったのかなと。

兼近:実は親にマンションを買っちゃって。そのマンションを買う前に、よくわかんない人に勧められて、何千万か投資しちゃって、やりすぎてお金がなくなっちゃったんです。それで今、税金を払えるかどうかも分かんないので、必死に節約しています。

――それは、ネタではなくて、リアルな話ですか!?

兼近:本当です。

りんたろー。:でも、マジで尋常じゃないほど節約してるので引いてます(笑)。

兼近:そうなんです。自分で弁当を買うことはなくて、ロケ弁を持ち帰ってます。多少腐っていてもいいかなと思い、チンして食べています。

――大丈夫ですか!? でも、きっとおふたりなら、今後もたくさん仕事が来ると思います。最後に今後の目標を聞かせてください。

りんたろー。:今ちょっと日本が、いや世界がうつむきがちだと思うので、僕たちがいろんな方法で何か少しでも役に立てたらと思っています。それがお笑いなのか、音楽なのかはわからないですけど、いろんな形でみなさんの前でやれたら。

兼近:本当にそう思います。救えるのなら、地球ごと救いたいです。

■EXIT

吉本興業所属。2017年12月22日結成に結成された、りんたろー。と兼近大樹による漫才コンビ。現在、テレビやYouTubeなどで活動する他、コメンテーター、美容家としても活躍。アパレルブランド「EXIEEE(イグジー)」やヘアケアブランド「H.W.G.(ハウジー)」のプロデュースを手がけ、芸人の枠を超え活動の幅を広げている。現在毎週月曜『霜降りミキXIT』(TBS)、毎週火曜『イグナッツ!!』(テレビ朝日)、毎週水曜『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ)、毎週木曜『突破ファイル』(日本テレビ)、毎週木曜『AbemaPrime』(AbemaTV)、毎週木曜『EXITV』(フジテレビ)などにレギュラー出演中。2021年夏にはSony Musicよりアーティストデビュー。9月には初のミニアルバム『GENESIS』を発売。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  7. 7

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  8. 8

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

  9. 9

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

  10. 10

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。