記事

「バンクシーって誰?展」はなぜ天王洲アイルで開催されるのか ――東京の再活性化はアートを使ってこそ可能になる - 山内宏泰

1/2
天王洲運河に映るビル群。「倉庫の街」がいかにして「アートの街」へと生まれ変わったのか。

世界中の街角に突如現れ、絵を描き残す神出鬼没の匿名アーティスト「バンクシー」。謎に包まれたその存在を体感できる「バンクシーって誰?展」が東京・天王洲アイルで開催中だ。他ならぬこの「天王洲」という街だからこそ、この展覧会は実現できた。倉庫の街がいかにして「アートの街」に生まれ変わったか。鍵は、地場企業である寺田倉庫の巻き込み力にあった。

 世の諸々の流行り物と同様、アートの人気銘柄も変化は激しい。

 数年前なら、現代アート界でよく聞く名といえば、バスキアだった。前澤友作氏がオークションで競り勝ち、高額で手に入れ一躍有名となったアメリカ人ストリート・アーティストだ。

 だがトレンドは移った。現在、主役を張るのは英国に拠点を持つ匿名アーティスト、バンクシーである。

 世界中のあらゆる街角に無許可で絵を描き残すストリート・アートの第一人者。2019年には東京湾岸の防潮扉にバンクシーのトレードマークたるネズミの絵が見つかり、小池百合子都知事までが真贋を言及する騒ぎになった。

 2018年には、サザビーズのオークションに出品された代表作《風船と少女》に仕掛けを施しておき、落札された途端その場でシュレッダーが作動し、絵が切り刻まれてしまうというパフォーマンスを成した。

ストリート・アートをどう「展示」するか

 豊富な話題性に乗ってのことか、現在東京でもバンクシーにまつわる大規模な展覧会「バンクシーって誰?展」が、天王洲アイル・寺田倉庫GIビルで開催中である。

 バンクシーの展覧会をするとなると、常に付きまとう難題が一つある。キャンバスに描かれた作品もあるにはあるが、路上に絵を描き残すことが多いゆえ、それらを各地から剥ぎ取ってくるわけにもいかず、実物を揃えるのが非常に難しいのだ。

 今展では大掛かりなセットをいくつも組み、「バンクシー作品のある路上」を再現することで解決を図った。なるほど、光景を丸ごと作ってしまえば、その場の雰囲気もよくわかり、作品が本物ではないにせよ、バンクシーの創作意図は掴みやすそうだ。

 会場に並び立つ「街角」を目にすると、よくぞここまで仕込んだものだと感心してしまう。同時に、会場選びも見事にハマったなと感じ入る。

 今展の場合、セットを作り込むためにはそれなりの「ハコ」の大きさが必要だし、そこが権威的・伝統的な場だと作風にそぐわない。その点、今回の空間は条件に適っている。むしろこの会場でなければ、バンクシー展をここまで大入りにして成功させることはできなかっただろう。

あわせて読みたい

「アート」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    “MMT=バラマキ”という思い込み

    自由人

    01月16日 20:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。