記事

日常会話では英語を使う大谷翔平選手が、インタビューでは英語を使わない本当の理由

1/2

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手は、厳しいと言われていた投手と打者の二刀流でペナントレースを戦い抜いた。なぜプレッシャーのかかる状況で結果を残すことができるのか。精神科医の和田秀樹さんは「彼はインタビューで英語をほとんど使わない。これはメンタルヘルスの観点で優秀だ」という――。

※本稿は、和田秀樹『適応障害の真実』(宝島社新書)の一部を再編集したものです。

大谷翔平選手
コミッショナー特別表彰を受け、記者の質問に答えるエンゼルスの大谷翔平=2021年10月26日、アメリカ・ヒューストン - 写真=時事通信フォト

大谷選手はなぜ大きなプレッシャーに強いのか

メジャーリーグで大活躍する大谷翔平選手もまた精神科医の視点からすると非常に優れた存在だと言えます。

東洋人が異国の地において二刀流という前代未聞のことをやって、なおかつホームランを量産すれば、どんどん周囲の要求水準や期待水準は上昇します。

球団からは起用法などにおいて特別扱いを受け、さらに人気も抜群となれば他球団からはもちろんのこと同じチームの仲間からも嫉妬されそうな要素は山ほどあります。

これは本来であればものすごくプレッシャーのかかる状況のはずです。そのプレッシャーからストレスを受け取った時には、それこそ適応障害になっても不思議ではないでしょう。実際問題として、野球でもサッカーでも海外で適応障害になってしまって思うようなパフォーマンスを発揮できなかった選手は、これまでに何人もいたのではないでしょうか。

しかし、大谷選手はその時にどうやったらプレッシャーがかからないようになるのか、つまり「どうすればストレスを感じなくて済むか」ということを、しっかりと考えているように見受けられます。

いつも笑顔を絶やさず、それでいてオールスターゲームのホームランダービーの時には疲労を隠さずへたり込んだように、素直な自分の姿を見せる。グラウンドにゴミが落ちているのを見つければ率先して拾う。

ホームランダービーでもらった賞金約15万ドル(約1650万円)をスタッフに配ったというのも単に気前がいいということではなく、そのように感謝の気持ちを表すことで周囲から好かれ、味方につけるという処世術的な考えがあったのではないでしょうか。

インタビューで無理して英語を話さない「手抜き」

さらに大谷選手がメンタルヘルス的に優秀だと感じるのは「無理をしない」点です。

大谷選手は日常会話だと英語も使っているようですが、それにもかかわらずインタビューや会見では絶対に英語で答えません。そこで無理をして「英語で会見しよう」「MLBの選手であればしっかり英語を話さなければいけない」とは考えないのです。

正確なニュアンスが求められる会見の場において、自分の思いを正確に伝えるだけの英語力を身につけることに時間を割くよりも、会見は通訳に任せてしまう。そして本格的な英語を学ぶ時間があれば、それを練習や休息に使ったほうがいいという一種の割り切り、つまりは「手抜き」「適当」の感覚があるのでしょう。

多くの現役選手や評論家が「二刀流を続けることは心身両面において厳しい」と言っていたなかで大谷選手がそれをこなすことができる理由は、そういうところにもあるのかもしれません。

日本人は英語コンプレックスの塊のようなところがありますが、大谷選手からそういった雰囲気は感じられません。

日本人の側から考えればわかることですが、「日本語は流暢でも話す内容が超つまらない外国人」と、「文法的にはめちゃくちゃな日本語をしゃべるのだけど、話す内容が面白い外国人」、どちらの話を聞きたいかとなれば、もちろんそれは後者でしょう。

それと同じで、アメリカ人からすれば英語は流暢で当たり前です。だから英語が流暢かどうかで話を聞いてくれるわけではなく、大切なのは話の内容なのです。

たどたどしい英語で何とか説明していたら…

私がアメリカに留学していた時のこと。シカゴのホテルのバーで飲んでいると「お前は日本人か」と尋ねてきたアメリカ人がいました。

「そうだ」と答えるとその相手は「俺はなぜ日本の自動車が売れるのか、よくわからないんだ」と言ってきました。

その時の私はアメリカに来たばかりで、たどたどしい英語しか話せませんでした。それでも身振り手振りを交えながら「アメリカはディーラーとメーカーが分かれているため、同じディーラーがフォードのクルマを売り、同時にGMのクルマも売るというように3つも4つもメーカーを掛け持ちしている」

「しかし日本はメーカーと販売の系列がしっかりしていて、マツダが潰れかけた時にはレイオフをせず工場でクルマを造っている社員たちをみんなディーラーとして派遣した」「それによって工場の人間たちが顧客のニーズを知るようになり、それでできたのがハッチバックのファミリアだ」「つまり、自社のクルマをよりよいものにして顧客のニーズに応えようという姿勢が工場にも販売にもあるから売れるのだ」というような話をしました。

「余計なことには気を使わない」と割り切れる人は強い

そうするとその相手は「コイツは発音は悪いけどすごく面白い話をするヤツだ」と、あとから来た奥さんに紹介して大層喜んでくれたのです。

それ以来、私は「発音なんてどうでもいいのだ」と思うようになりました。

適応障害になるような人は英語であれば「パーフェクトな発音をしなければいけない」と考えがちです。

先の大谷選手の例でいえば、彼にとって英語がうまくなるというのは野球選手として成功するうえでは余計なことなのです。そのように考えて「余計なことには気を使わない」と割り切れる人がストレスを軽減することができて、適応障害にもなりにくいのだと思います。

この大谷選手の例を一般の人に当てはめて考えれば、「仕事において人間関係はメインではないから、さほど気にしなくても構わない」と割り切ることも必要だということになるでしょう。

あわせて読みたい

「大谷翔平」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  2. 2

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  3. 3

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  4. 4

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  5. 5

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

  6. 6

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  7. 7

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

  8. 8

    大人が突然新しいことにチャレンジする「中年の思春期」忙しい我々が2回目の青春を謳歌するコツ

    土屋礼央

    12月02日 09:01

  9. 9

    眞子さんはNY生活を謳歌中だが…記者会見で「不快感」を隠さなかった秋篠宮さまの胸の内

    PRESIDENT Online

    12月02日 15:41

  10. 10

    あえて結婚しない20~30代たち「誰かと生活することが考えられない」「仕事で疲れ果ててる」

    キャリコネニュース

    12月02日 14:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。