記事

どこまでも律儀な共産党と、独自路線を歩むことにしたれいわ新選組。国民に受けるのはどちら?

共産党は生き残りのために、立憲民主党との共闘路線に完全に舵を切ったようだ。

共産党の街頭活動を見ていると高齢者が多くなっているので、いつまで続くのかな、と思っていたが、立憲民主党との共闘に活路を見い出そうとしているようだ。

共産党の国会議員には真面目な議員活動をされている優秀な若い方々が結構おられるのだが、共産党の構成員自体はやはり高齢化は免れないようなので、組織としては若干弱体化していたのかも知れない。

公明党にもそういう兆候が表れている。

地方議会議員の選挙には滅法強いはずの共産党も公明党も、高齢化の影響を受けて最近は戦闘力が低下しているようで、先日投開票が行われた衆議院選挙の丁度1週間後に行われた東京の葛飾区の区議会議員選挙で自党が擁立した公認候補者を落としてしまっている。

票割り、地域割りの見事さを誇ってきた両党に組織力の衰えが見え始めている、ということは特筆すべきニュースだろう。

若い世代の方々の保守化が最近よく指摘されるが、この傾向は当分変わらないだろうから、共産党も公明党も選挙のたびに少しずつ力を失っていくと見ておいた方がよさそうだ。

共産党が固執する立憲民主党との共闘路線は、一種の共産党の抱き着き作戦だろうと思っている。

一方、今回の衆議院選挙を通じて息を吹き返したのは、れいわ新選組である。
野党共闘路線とこれからどう付き合うのか分からないが、今般の首班指名選挙で山本太郎氏に全員揃って投票したのだから、立憲民主党とも共産党とも一線を画すと宣言したようなものだ。

多分、れいわ新選組は来年の参議院選挙でもそれなりの議席を獲得しそうである。

共産党のライバルにはならないだろうが、共産党にとって多少の脅威になることは間違いなさそうだ。

あわせて読みたい

「日本共産党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

  7. 7

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

  8. 8

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  9. 9

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  10. 10

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。