記事
  • ロイター
  • 2021年11月11日 02:21 (配信日時 11月11日 07:45)

紛争地域にコロナワクチン提供、米がJ&JとCOVAX仲介


[ワシントン 10日 ロイター] - ブリンケン米国務長官は10日、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)と新型コロナウイルスワクチン共同購入・配分の国際枠組み「COVAX」がJ&J製ワクチンを紛争地域の人々に提供する契約を結び、米政府がこれを仲介したと発表した。

ブリンケン氏は、首都ワシントンで開かれた新型コロナのパンデミック(世界的大流行)に関する外相会合の冒頭で発表。時期や対象国、どれだけの量を届けるのかなどの詳細は明らかにしなかった。

「政府のワクチン接種キャンペーンが届いていない人たちも、私たちの努力から取り残されないようにする必要がある。彼らも同じように保護される必要がある。私たちは困難な状況下の人々が一刻も早く新型コロナから保護されることを切望している」と述べた。

契約では、J&J製ワクチン30万回分が紛争地の人道活動家や国連平和維持軍に提供されるという。また、ブリンケン氏は、民間企業がサプライチェーンやワクチン製造施設で各国を支援する取り組みも発表した。

今回の会議は、バイデン米大統領が主催した9月22日のオンラインサミット(首脳会議)に続くもの。バイデン氏は新型コロナワクチン5億回分を追加購入し、他国に寄付することを約束した。

公衆衛生の専門家は富裕国が十分な努力をしていないとし、特に米国は世界の人口の多くが依然としてワクチンを接種できない中で、ワクチン接種を完了した米国人に追加接種を計画していることを批判している。

また、ワクチン寄付の計画は歓迎すべきだが不十分だと言及。米ファイザー製のワクチンは、ワクチンの保管や輸送の高度なインフラが整っていない貧困国では大規模な展開と投与が難しいと指摘した。

会議に出席した世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、新型コロナと闘うための新薬研究・生産に資金を提供する「COVID-19ツール・アクセラレーター」や、アフリカ連合のワクチン基金に十分な資金を提供するよう外相らに呼び掛けた。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  5. 5

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    なぜ日本は苦しむのか? その1 他人事ではない東芝の行方

    ヒロ

    11月25日 11:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。