記事
  • ロイター
  • 2021年11月10日 16:21 (配信日時 11月10日 16:19)

中国の指導者は文化の違い理解せず、ダライ・ラマ14世が会見


[東京 10日 ロイター] - チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世は10日、日本で活動する外国メディアとオンライン形式で会見し、創立100年を迎えた中国共産党によるチベットや新疆ウイグル自治区への対応について、「文化の違いを理解していない」などと批判した。

ダライ・ラマ14世は、中国には漢民族だけでなくチベットなどの異なる民族グループがいるとした上で、「われわれは独自のユニークな文化を持っている。中国共産党の偏見を持った指導者たちは文化の違いを理解していない」と語った。多様性を反映した政策を実行すべきとしつつ、「現実は、漢民族による締め付けが強すぎる」と述べた。

その一方で、最近の中国には変化が見られるとも指摘し、「新しい世代の中国のリーダーシップの下で、(中国は)変化していくと思う」と語った。

緊張が増す中国と台湾の関係については、平和のために祈ると述べた。「台湾には漢民族、中国の文化、伝統、言語がある。台湾は中国の長い伝統文化を受け継いでいる。経済的には、台湾は中国から多くの支援を受けられるだろう。文化的には、仏教を含め、中国の兄弟姉妹たちは台湾から多くを学ぶことができる」と話した。

創立100年の節目を迎えた中国共産党は8日、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)を開いた。異例の3期目を目指すとみられる習近平国家主席について記者から質問されたが、ダライ・ラマ14世はノーコメントだと答えた。

習主席に会う計画はないものの、「私も年を取った」として古い友人に再会するため中国を訪れたいと語った。しかし、台湾については中国との関係が「非常にデリケート」だとして訪問しない考えを示した。

このほか、アフガニスタンなどでイスラム主義組織と欧米諸国との対立が続いていることに関連し、「人間は人間として生まれるのであって、この宗教、あの宗教を信じる者として生まれるわけではない」と語った。「全ての宗教は愛というメッセージを持っている。問題は政治家や一部のエコノミストが宗教の違いを利用することにある」と述べた。

ダライ・ラマ14世は1959年、中国政府の弾圧を逃れてインドに亡命。インド北部に亡命政府を樹立した。会見はインドからオンラインで行った。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  5. 5

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    2022W杯カタール招致をめぐる情報戦――暗躍するスパイ企業とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    11月26日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。