記事

【女川原発運転差止請求訴訟】福島事故で分かった原発避難の困難さ 「避難計画に実効性などない」石巻市民が東北電力提訴~仙台地裁で第1回口頭弁論

1/2
東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)の再稼働に関し、宮城県や石巻市が策定した原発事故発生時の広域避難計画には実効性がないとして石巻市民17人が東北電力を相手取って起こした「女川原発運転差止請求訴訟」の第1回口頭弁論が8日午後、仙台地裁101号法廷(齊藤充洋裁判長)で行われた。

原告団長の原伸雄さん(79)が意見陳述。一方、東北電力は137ページにおよぶ答弁書で「本件2号機において放射性物質を異常に放出するような事故が発生する具体的危険は存しない」などと反論。全面的に争う構えだ。次回期日は2022年1月12日14時。



【試走で問題点が次々と…】

 「裁判所に対して、宮城県と石巻市が作成した広域避難計画の実効性につき徹底した審議を求めます」

 原告団長として意見陳述をした原伸雄さんは、ゆっくりと、大きく通る声で語り始めた。齊藤裁判長は「座っていただいてもどちらでも良いですよ」と言ったが、原さんは「立っていた方がやりやすい」と起立したまま陳述した。

 2018年4月、原さんたち石巻市民で「女川原発の避難計画を考える会」(以下、考える会)を結成。同年9月にはそれぞれの自宅から避難経路を実際に試走した。その結果「全くの机上の計画でしかないことが明らかになりました」。

 「それぞれの自宅から石巻市の避難計画が示す経路に従って道路状況、コンビニやガソリンスタンド、トイレ可能な施設などを確認しながら、一時集合場所、避難退避時検査場所から受付ステーションを経て最終避難場所まで車で走行してみました。その結果、検査所や受付ステーションでの大渋滞発生の懸念、そこでの時間はどのくらいかかるのか、全く足りない駐車場のこと、トイレやガソリン、食糧の確保など次々と問題点が浮き彫りになりました」

 原さんたちは試走で得られた課題を質問状にまとめたうえで、宮城県と石巻市に説明会の開催を求めた。「避難計画の実効性確保のためには宮城県と石巻市、住民との対話が欠かせないと考えた」からだ。

 しかし、宮城県と石巻市は説明会の開催には応じなかった。質問状への回答も、ほとんどが「検討中」だった。住民との対話は不十分、具体的な課題に対しては「検討中」。そんな状態で住民の命が守れるはずがない。

 例えば、一時集合場所からのバスでの避難についても、協定を締結した宮城県バス協会が「協力可能な範囲内で御対応いただくこと」になってはいるが、実際に搬送が想定される人数や必要台数については「取りまとめ中」。具体的な運用についても「バス協会と協議を進めてまいります」という有り様なのだ(2019年2月8日付で石巻市から「考える会」への回答より抜粋)。


原告団長として法廷で意見陳述した原伸雄さん。「宮城県と石巻市が作成した広域避難計画の実効性につき徹底した審議を求めます」などと訴えた。「避難計画に実行性がない以上、再稼働は認められない」との闘いが始まった=仙台弁護士会館

あわせて読みたい

「女川原発」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    特定個人をヒトラーに重ねて侮辱しても許されるって日本人がこんなにいるとは驚きだ

    橋下徹

    01月28日 10:27

  2. 2

    「株式市場より内閣支持率」という岸田首相の「合理的判断」

    内藤忍

    01月28日 12:36

  3. 3

    ロシア侵攻ならパイプライン開通を阻止 米政府、ウクライナ危機で警告

    BBCニュース

    01月28日 17:22

  4. 4

    「党として対応といっても…」菅元総理のツイートめぐる抗議文について立憲・泉代表

    ABEMA TIMES

    01月28日 13:07

  5. 5

    ヒトラー発言で謝罪せず開き直る菅直人氏 人間味のない対応が立民の敗因の一つに

    鈴木宗男

    01月29日 09:50

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。