記事

三越伊勢丹がデパートから「大家さん」になるのは賢明な選択

[画像をブログで見る]

■【購読者5万人!】毎週金曜日17時に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。
———-

日本経済新聞の記事によれば、大手百貨店三越伊勢丹ホールディングスは、百貨店事業中心から不動産・金融事業へと事業の軸足を移すようです(写真も同紙から)。

百貨店事業は、コロナ禍で加速した消費者のネット販売へのシフトや、ファッショントレンドの低価格化の影響もあり、収益が上がりにくい不安定な事業です。

それに対し、不動産事業は立地が良ければテナントからの安定した家賃収入が見込め、金融事業も過去に蓄積した優良な顧客基盤にクロスセルを行うことでシナジー効果が見込めます。

百貨店が自社による店舗運営を諦め、テナントに賃貸する「大家さん」に変わっていけば、パルコやルミネのような専門店街があちこちにできることになります。

また、百貨店はショッピングをするだけのところではなく、金融サービスや資産運用アドバイスを行う窓口となり、証券会社や銀行と競合することになります。

更に、ホテルやフィットネスクラブ、エステサロンのような「コト消費」にビジネスを広げることができます。

伊勢丹のような特色のある百貨店が外部のテナントによって味気ない商業施設に変わっていくのは寂しい気もします。伊勢丹は、子供の頃は特別な時に行くあこがれのデパートでした。

とは言え、百貨店が不動産ビジネスのウエイトを高めるのは、理にかなった戦略です。不安定な本業を補完するメリットがあるからです。

これは、デパートだけではなく、企業経営一般に学ぶべき経営判断です。経済環境の変化が大きくなればなるほど経営リスクも高くなります。不動産事業をもう一つの事業として立ち上げれば、安定した経営に資することになります。

企業経営も資産運用と同じで、分散による経営資源の配分が長期で成果を上げるために極めて大切なことなのです。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計30万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。

※このブログは「内藤忍の公式ブログ」2021年11月9日の記事から転載したものです。オリジナル原稿を読みたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

あわせて読みたい

「百貨店」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  3. 3

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  4. 4

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

  5. 5

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  6. 6

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  7. 7

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  10. 10

    石川遼 “水差し謝罪会見” に男子ゴルフ界の大スポンサーが激白「お詫びは一切ない」

    SmartFLASH

    12月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。