記事

宇野郁夫さんの逝去

日本生命の社長だった宇野郁夫さんが亡くなった。僕と上下関係があったという意味からは最後の社長である。

宇野さんの前の社長、伊藤助成さんとも、部長とその部の主任という上下関係があった。伊藤さんが東京証券部長だった時である。

戦後の社長、弘世現さん、川瀬源太郎さんとは一言二言言葉をかわした程度である。若手にとっては雲上人に等しかった。

宇野さんの次の社長、岡本圀衛さんは僕よりも5年入社年次が上だった。仕事の上でも関係があった。しかし直接の上下関係はなかった。それ以降の筒井義信氏、清水博氏は僕よりも入社年次が下であることに加え、仕事においてほとんど一緒ではなかった。

社長として、伊藤さんは大物というか奔放というか、少なくともそう振る舞っていたように感じる。ヘマをしても「そうか」という雰囲気で許してもらえたのだが、実際どう思われたのかは知る由もない。
その点、宇野さんは、あることに気が付いているとの状況に、こちらとしてもすぐさま気が付けた。一定の宇野法則があり、それに沿っているのかどうかに厳しいとも表現できる。それだけに仕えるのが難しいとも言えるだろう。

僕が会社をやめるのを決断し、直接の上司(副社長)にそのことを伝えた。副社長としては当然、宇野社長に伝えた。その後、半年少しの間、僕の退職は副社長以上の秘密事項だった。僕としても、それ以外の元上司などの関係者に伝えられなかった。

今から考えると、よく認めてもらえたと思う。宇野社長の決断だったのだろう。

日本生命も一時代が終わったと思う。会社を訪ねたとしても、もはや僕と顔見知りのものはほとんどいない。相手も僕を知らないだろうし。

宇野社長(こう呼んでおきたい)、ご冥福を。

あわせて読みたい

「日本生命」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    なぜ日本は苦しむのか? 目立つ「日本ダメダメ論」

    ヒロ

    11月26日 12:15

  2. 2

    小池都知事が木下富美子氏の選挙応援を振り返り「どうして教えてくれなかったの、と」

    BLOGOS しらべる部

    11月26日 16:25

  3. 3

    フジテレビの希望退職募集は地上波の「終わりの始まり」

    内藤忍

    11月26日 11:37

  4. 4

    小池都知事が10月22日以来の定例会見で辞任説を一蹴「いい加減なこと言うなよと」

    BLOGOS編集部

    11月26日 15:24

  5. 5

    〝大分断〟のアメリカ社会に苦悩するホワイトハウス 党派間の対立ぶりは異常事態

    WEDGE Infinity

    11月26日 16:13

  6. 6

    危機感のかけらもない立民代表選 連合に依存する候補者らのお気楽さ

    田中龍作

    11月26日 09:56

  7. 7

    オウム集団の"三女派"とは?麻原三女が弁護士の指摘に反論「日本語の定義外れている」

    松本麗華

    11月26日 11:15

  8. 8

    年末ジャンボ宝くじで行列しても「夢は叶わない」

    内藤忍

    11月25日 11:46

  9. 9

    家族みんなで楽しめる音楽サブスク ファミリープランならLINE MUSICがおトク!

    BLOGOS編集部PR企画

    11月26日 18:00

  10. 10

    2022W杯カタール招致をめぐる情報戦――暗躍するスパイ企業とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    11月26日 14:37

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。