記事

生産性を高めることだけを考えると、自分のキャリアに損失を生む

1/2

ご無沙汰しております。ヨウさんです。 

俺は大手企業を辞めてフリーランスになり、そのあとにベンチャーで週4会社員になり、そしてまた大手企業で週5勤務というキャリアを歩んでいます。そういった経験から、よく聞かれることがあります。

「なんでまた会社員に戻るの?」

「週4勤務って理想的なのに、なんで週5に戻したの?」

こういった疑問です。本当に、すげー聞かれました。

この質問の前提には、「稼ぐことができれば、フリーランスの方が自由である」あるいは「週4は攻守のバランスが取れている」みたいな考え方がきっとあるのでしょう。それ自体は間違いではありません。

というか、俺自身もそう考えてキャリア変遷を辿ったのですが、実際にやってみることで「(俺にとっては)ちがっていた」ということに気づいたわけです。

どういった誤算があったのか? それはコスパ至上主義の盲点に由来しています。

コスパ至上主義の落とし穴

さて、若いころから俺は、個人としての生産性をよく考えるタイプでした。意識がお高い発想ではなく、会社員は頑張っても頑張らなくても、給与に大差はない。

ならば、最小の時間で仕事を終わらせ、その時間をプライベートの時間に割り振った方が、トータルの人生として得に決まっている! そんな風に考えていたのです。

これ自体は共感してくれる人も、多いのではないでしょうか?

そもそもある一定以上の規模感の会社であれば、分業制になっています。よって、個人のワークとして考えた際には、その役割において「自分に割り振られた仕事・作業」をいかに短時間で、高い質で終わらせられるか? というのが論点になります。

非の打ちどころもない発想でございます。もっといえば、直接部門においてはいかに稼いでいるか。間接部門においてはいかに稼ぎが円滑になるようにサポートし、コストを省くか。それが企業に所属することにおける、基本的な価値になります。

ただし、「何をムダとみなすか?」によって話は変わってきます。ここをまちがえると、俺のように少しまわり道して気づくことになるのです。

俺が自信を持って言える「省くべきムダ」

まず削るべきは、単純作業にかかる時間です。たとえばキーボード・ショートカット・キーを駆使すること。これができる人と出来ない人では、作業効率に雲泥の差が出てきます。

同じ作業をするのであれば、かける時間は最小がいいに決まっている。同じ理屈で再利用する内容は自動化するのが良いでしょう。

もうひとつは手戻りです。顧客が求めているもの、上司が欲しているものを丹念に確認する必要があります。それが出来ていない成果物はどれだけ手間暇をかけても、ガラクタになりえます。

それを絶対に避ける。これが出来れば、生産性は格段に上がります。なぜならば自分がかけた時間の大半は売り上げに貢献する成果物、納品物としてそのまま使われるからです。

ここまでは疑う余地のない「ただのムダ」となります。

あわせて読みたい

「キャリア」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    その保険、本当に必要?タクシーや運送会社が自動車保険に入らない理由

    幻冬舎plus

    01月17日 09:38

  2. 2

    毒性は高くないオミクロン株 医師「気象庁の柔軟な対応を学べ」

    中村ゆきつぐ

    01月17日 09:28

  3. 3

    「なんで野党は批判ばかりなの?」立憲民主党の前議員に聞いてみた

    女性自身

    01月17日 09:58

  4. 4

    「小銭を預けるとお金を取られる」ゆうちょ銀行の手数料有料化に賛否の声

    ヒロ

    01月17日 10:21

  5. 5

    「僕を捨てて」小2で不登校した息子を追いつめた褒める子育て

    不登校新聞

    01月16日 11:41

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。