記事

バロンズ:雇用拡大でも、Fedは利上げに急がす株高に好材料

1/2
[画像をブログで見る]

Barron’s : Fed Doesn’t Seem To Rush To Raise Rates, That’s A Good News For U.S. Stock Market.

バロンズ誌、今週のカバーはミーム銘柄、仮想通貨、NFT(非代替性トークン)におけるバブルを取り上げる。ゲームストップやAMCエンターテイメント・ホールディングスなど、ネット・ユーザーが買い上げてきたミーム銘柄は、年初来で10倍以上の値上がりを遂げた。

iPhoneより歴史の浅い仮想通貨も、時価総額は3兆ドルとゴールドの4分の1に迫る。ドッジコインと呼ばれる犬をモチーフとした仮想通貨の時価総額は35億ドルと、創業127年で世界85ヵ国で展開するチョコレートメーカーの老舗ハーシーズの36億ドルに並ぶほどだ。

NFTのオークションでは今年、とあるクリプトパンク(24✕24ピクセルで構成されたデジタルアート、売買にはイーサリアムが必要)が1,180万ドルで落札され、有名デジタルアーティスト、ビープルの一作品には6,800万ドルの値が付いた

こうした資産クラスの急騰は、17世紀に住宅1軒分の価格へ駆け上がったチューリップ・バブルを凌ぐ勢いだ。

これらのバブルは、今後どのような展開を迎えるのか。詳細は、本誌をご覧下さい。

当サイトが定点観測するアップ・アンド・ダウン・ウォール・ストリート、今週は米10月雇用統計と米株見通しを掲げる。抄訳は、以下の通り。

米10月雇用統計の好結果、株高が続く可能性を示唆―Good Jobs Report Points to Continued Good Times for Stocks

主要3指数は11月第1週、新型コロナウイルス関連や労働市場からのグッドニュースを追い風に再び過去最高値を更新して取引を終えた。11月2~3日開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)が予想範囲内で、強気派の水を差さなかったことも、材料視されたのだろう。

米10月雇用統計は、文字通り力強い経済を表す内容だった。労働参加率のみ改善せず失望させる結果となり、賃上げペースが加速しさらにインフレを押し上げよう。

Fedは、予想通りテーパリングを決定した。コロナ禍で大規模な資産買入を決定してから約1年半を経ての発表となったが、その間に株価は最安値から2倍に膨らみ住宅価格は過去最高の上昇率を記録するようになった。

Fedが買入規模を月150億ドル減額する方針を決定した半面、パウエルFRB議長はFOMC後の会見で利上げを協議していないとの示唆した。また、雇用の最大化の定義をめぐり明確化を避けた一方で、統治目標である「雇用の最大化」の達成まで道半ばと言及した。

あわせて読みたい

「アメリカ経済」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「デルタ株とは違う」医療現場から嘆き 社会制限だけでなく適切な医療体制の構築急げ

    石戸 諭

    01月21日 14:30

  2. 2

    若者よ!やっぱり「FIRE」はやめなさい!

    内藤忍

    01月21日 12:24

  3. 3

    中国製EV導入で高まる日本人の生活丸裸の懸念 - 山崎文明 (情報安全保障研究所首席研究員)

    WEDGE Infinity

    01月21日 13:06

  4. 4

    「数百円なのにおいしくて清潔」そんな食事が気楽にとれる先進国は日本だけという事実

    PRESIDENT Online

    01月21日 11:48

  5. 5

    低迷する中国経済 今後の展開はいかに?

    ヒロ

    01月21日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。