記事
  • ロイター
  • 2021年11月08日 12:21 (配信日時 11月08日 12:15)

習主席は人民本位で改革を追求、6中総会に向け新華社が絶賛


[上海 6日 ロイター] - 中国国営の新華社通信は6日、共産党の重要会議、第19期中央委員会第6回総会(6中総会)が8日から4日間の日程で開幕するのを前に、習近平国家主席の人物紹介の記事を掲載、人民を中心に考えて絶えず奮闘し、改革を追求する指導者だと絶賛した。

習氏は「信念が固く果敢に行動する人、思想が深く心情の厚い人、継承に長じる一方で勇敢に革新する人、終始大局を把握し機敏に変化をコントロールできる人、奮闘はやめないが強い自制心も持つ人、謙虚で穏やかだが何ものも恐れない人と見なされてきた」と紹介した。

習主席は6中総会で、党創建100年を総括する「歴史決議」の採択を押し進める意向だ。決議で自身を権威付けし、来年に予定される5年に1度の第20回党大会の党最高指導部決定で、異例な3期目入りを確実にする狙いだ。

新華社の記事には、海外メディアや国内の学者などが習氏を称賛するコメントも含まれている。

記事によると、習氏は1974年、陝西省の梁家河村で中国共産党に入党。生産隊に入り、村の人たちと暮らしたとしている。その後に赴いた河北省でも自ら大衆の中に入ることを望み、「親を愛するように人民を愛すると言った」と習氏が当時を振り返ったとしている。

さまざまな役職を歴任する中でも人民と緊密なつながりを保ったとし、「この(人民を中心とする)気持ちこそ、彼が新型コロナウイルスの襲来時に、いかなる代償も惜しまず人の命を救う考えを示した根底になっている」との学者のコメントが紹介されている。

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    サイゼリヤで感じた「日本はこれで良いのか感」

    内藤忍

    11月29日 10:46

  2. 2

    鬼束ちひろ容疑者をいじるな 「メンヘラ」と安易に言ってはいけない

    常見陽平

    11月29日 09:24

  3. 3

    ようやく辞めた木下元議員 警視庁は選挙期間中の無免許運転をなぜ公表しなかったのか

    毒蝮三太夫

    11月29日 09:02

  4. 4

    「コスパ最悪のメシ食って上司とクソつまらん会話して何が楽しいんだよ」飲み会復活にウンザリする声

    キャリコネニュース

    11月28日 15:00

  5. 5

    不思議なコロナ感染状況下で出現したオミクロン

    ヒロ

    11月28日 13:27

  6. 6

    没後7年 “婦唱夫随”の夫人が明かした「菅原文太の真実」 - 松田美智子

    新潮社フォーサイト

    11月28日 11:24

  7. 7

    深刻化する中国による人権侵害疑惑。融和的な外務省に政治はどう向き合うか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    11月29日 09:49

  8. 8

    米国の北京五輪"外交ボイコット"で板挟みの日本 思い出される天安門事件直後の悪夢

    WEDGE Infinity

    11月29日 10:04

  9. 9

    立憲民主党が若者の支持を得るには? ひろゆき氏、代表候補4人に「メディア対策」力説

    ABEMA TIMES

    11月28日 14:51

  10. 10

    元横綱・白鵬のテレビ解説が大好評 相撲協会は「白鵬の乱」に戦々恐々

    NEWSポストセブン

    11月29日 14:46

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。