記事

「仲良くして儲けるのが一番」中国への"どっぷり依存"をやめられないドイツのジレンマ

1/2

与党CDUが仲間割れ、党首辞任の異常事態

ドイツでは、まもなく16年間に及んだCDU(キリスト教民主同盟)のメルケル政権が終わりを告げようとしている。過去16年のうち12年が社民党との連立だったが、その間に、本来なら保守党であるはずのCDUが、社民党の色の濃い政策を次々に実行に移し、ドイツが静かに左傾化していった様子については、総選挙前に<「日本も他人事ではない」メルケル首相を失ったドイツ総選挙が大混乱に陥っている理由>で書いた。ただ、そのせいで社民党の株が上がったかというと、まったくその反対で、ここ10年ほどは消滅するかと思うほどの衰弱ぶりだった。

2021年11月3日、フランス東部のボーヌで、会談に先立ち一般市民に歓迎されるドイツのアンゲラ・メルケル首相(右)とフランスのエマニュエル・マクロン大統領(左) - 写真=EPA/時事通信フォト

9月26日の連邦議会選挙では、その社民党(SPD)が25.7%の得票率で首位に立った。狂喜するほどの数字ではないが、それでも、瀕死の病人が立ち上がったかのように、皆が驚いた。さらに意外だったのはCDU/CSUの激しい落ち込みで、たったの24.1%。党が始まって以来の最低記録だった。

そんなわけで、開票後の一瞬は、1位の社民党と2位のCDU/CSU、どちらが政権をとるかは連立次第と、スリリングな気運が満ちた。ところが、蓋を開けてみたらCDUは責任のなすりつけあい、仲間割れで乱れに乱れ、とても政権を担当できるような状態ではないことが露呈。ラシェット党首は敗北の全責任を押しつけられ、辞任に追い込まれたため(選挙後、党内で意見が一致したのは、これぐらいではないか)、CDUはいまだに党首がいない。それにしても、この壊滅状態をよくも今まで隠し通せていたものだと、皆が呆(あき)れ返っている。

当のメルケル首相はただ1人上機嫌で…

一方、まだ首相であるはずのメルケル氏は、自党の大混乱にはわれ関せずで、ましてや、自分に責任の一端があるとも思っていないらしく、各国をお別れ訪問中。26日、ベルリンの大統領府で内閣の任が解かれる式典が行われた際には、これから下野を控えて沈鬱な表情のCDU/CSUの大臣たちの横で、1人なぜか上機嫌だった。

外遊先の各国では“偉大な”功績を褒めたたえられているが、自国内での「功績」のほうは今後、問題化してくるはずだ。おそらく次期政権は、まずはメルケル政権の残した瓦礫の山の片付けに追われることになるだろう。

肝心の連立だが、社民党は、緑の党、自民党(FDP)と10月21日より3党連立を目指して本協議に入っている。しかし、社民党と緑の党の方針と、自民党のそれはかなり違うため、どのように落とし所を見つけるのかが注目されている。これがうまくいけば、ドイツには16年ぶりに(中道)左派政権が成立し、12月16日にはショルツ新首相がEU首脳会議の初舞台を踏むことになる。

新政権はメルケル首相の対中政策を引き継ぐのか?

さて、ドイツの政治家が新政権樹立に取り組んでいる現在、世界の各国は「その後」を探っている。特に、ドイツの対中政策が変わるのか、変わらないのか、それを気にかけている傍観者は多い。

メルケル首相の中国寄りは知らぬ者がいない。中国がダンピングなどでEUの制裁を受けそうになると、それを助けるのが常にメルケル首相の役目だった。メルケル首相ほど中国で愛されている外国人首脳はいないだろう。

中国は2001年にWTO(世界貿易機関)に加盟した。当時、EUは、15年後には中国をEUの定める「市場経済国」の仲間に入れると決めたが、2016年、それを時期尚早として却下した。15年たっても、中国は市場を共有できるレベルにはなっていないという判断からだった。中国はもちろん怒った。

ちょうどその頃、メルケル首相は中国を訪問していたが、李克強首相の態度は普段とは打って変わって厳しかった。それどころか彼はメルケル首相に対して、「私たちはEUが義務を行使すること、そしてドイツ側が今まで通りポジティブな役割を演じてくれることを期待する」とまで迫った。

しかしメルケル首相はこのプレッシャーに怖気づくこともなく、のらりくらりとかわした。そして、こういう手強い相手には、中国はちゃんと敬意を表するらしく、その後も独中関係が崩れることはなかった。日本にはこういう心臓の政治家が見当たらないのが残念だ。

どのみち変えられないのなら仲良くして儲けたい

先月14日には、習近平国家主席がビデオでメルケル首相に対して「old friend」と呼びかけ、素晴らしい餞別の辞を贈った。old friendは中国では最大の敬意のこめられた言葉だそうだが、メルケル政権の16年にわたる努力のおかげで、ドイツ経済と中国経済は二人三脚で、ともに目眩(まばゆ)いほどの経済発展を果たしたのだから、これはただのお世辞ではない。しかし一方、その中国が一党独裁であり、人権問題でそれほど潔白ではないことも事実で、それも誰もが知っている。

2007年、首相になって間もなかったメルケル氏はダライ・ラマを官邸に招いたことで、中国より長期にわたって激しい抗議を受けた。以来、メルケル氏の中国に対する人権問題への言及はポーズだけとなった。中国を変えることはどのみちできない。だったら仲良くして儲(もう)けるのが一番というのが、以来、ドイツの国是である。

今では、ドイツと中国は二国間政府協定を結び、首脳は年に何度も顔を合わせる。2016年から昨年まで、中国はドイツにとって最大の交易相手だ。中国市場なくしてドイツの経済発展はあり得なかったし、これからもあり得ない。メルケル首相の任期中の中国訪問は12回。コロナがなければ回数はもっと増えていただろう。

中国の思惑次第で分断されてしまう危険

華やかな成功といえるドイツの対中政策だが、問題が少なくとも2つある。

1つ目は、自分たちが儲けることだけを考えて、EUとしての対中政策を怠ったこと。その間隙を縫って中国は、「一帯一路」プロジェクトの一環として、東欧やバルカン諸国の17カ国ものインフラに多額を投資し、これらを束ねて「17+1」というグループまで結成した。しかも、その17カ国のうちの12カ国がEU加盟国だ。

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/roibu

これらの国々は当然、多かれ少なかれ中国に借款がある。東欧のEU国と、EUを主導している西側国との間には、そうでなくても意見の違いが多いから、下手をすると、中国の思惑次第でEUがさらに分断される危険が生じている。

2つ目の問題は、ドイツ経済の行き過ぎた中国市場依存。特に自動車産業はすでに中国の言いなりだし、多くのサプライチェーンは中国に完璧に依存している。また、中国企業によるドイツのハイテク企業や不動産の買収も進んでいるが、これまでメルケル氏にはそれらを修正しようという意思が希薄だった。

さらにメディアも中国のマイナス面を取り上げることには消極的で、そのため、これだけ中国の影響がドイツ社会に入り込んでいるにもかかわらず、国民の間でそれが危機として意識されていない。つまりドイツ社会には、中国とはどういう付き合い方をしていくべきかをオープンに議論する空気もなかった。膨張している中国の軍事力に至っては、距離が遠いため、脅威と感じているドイツ人はほとんどいない。当然、香港も、ウイグルも、台湾も、ドイツ人にとっては、どれも遠い話だった。

あわせて読みたい

「ドイツ」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    立憲民主党は代表が交代しても共産党との「共闘」を検討すべきだ

    田原総一朗

    12月03日 09:02

  2. 2

    オミクロン株出現で米中対立の最前線となったアフリカに眠る「血のダイヤモンド」とは

    木村正人

    12月02日 11:56

  3. 3

    渡航の自由を「要請」で制限する憲法違反(未遂)。日本政府の「要請グセ」は大問題だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月03日 09:30

  4. 4

    アベプラ出演で化けたテレ朝・平石直之アナ “ポスト田原総一朗”の討論番組を期待

    宇佐美典也

    12月02日 12:00

  5. 5

    飲食店が売っているのは「料理」ではなく「笑顔」

    内藤忍

    12月02日 14:57

  6. 6

    新体制で雰囲気も明るくなった立民 タブーだった消費税勉強会にも参加OKに

    田中龍作

    12月03日 09:16

  7. 7

    見据える必要も出てきたプーチン後のロシア - 岡崎研究所

    WEDGE Infinity

    12月02日 14:37

  8. 8

    本が売れない対策、再販価格維持制度の見直しを

    ヒロ

    12月02日 11:09

  9. 9

    ブッフェ・バイキング・食べ放題で持ち帰ったら犯罪になる? 本当の問題は……

    東龍

    12月02日 16:15

  10. 10

    泉田議員「2~3千万円の裏金を要求された」 自民党新潟県議を実名で暴露

    田中龍作

    12月02日 09:28

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。