記事

どんどん日本は「決して政権交代できない国」になりつつあるが、それはそれでいいのかもしれない

1/2

1●日本の野党は「絶対政権交代などしない野党」になりつつあるのかもしれない?

立民の枝野代表が選挙前に「野党共闘によって、全盛期のイチローの打率ぐらい(3割台後半)は政権交代の可能性がある」と言ったりする期待の中行われた総選挙ですが、結果として

・自民党は単独過半数・自公で絶対安定多数を確保

・立民&共産は公示前議席数割れ

・むしろ伸びたのは維新で、公明を超える第三党に躍進

・国民民主党もなかなかの健闘を見せた

…という結果に終わりました。 

正直言ってこの結果を見て私は結構「ほっとした」ところがあります。

私は日本の選挙制度の細部に全然詳しくないので、選挙前にツイッターでよく見かけた

「自民党が勝っているように見えるのは選挙制度のバグであり、野党が統一候補を立てて戦って、あとは”ちょっとした風”さえ吹けば政権交代だってありえるのだ!」

…というような勇ましい意見を頭ごなしに否定できる材料がなくて「え?そうなの?本当かなあ?」と思っていたんですよね。(一応一般的な範囲での選挙制度とか現状の支持率とかを見るとそうは思えないが、何か自分の知らないどんでん返しのネタがどこかにあるのかも?と思っていた)

しかしよく考えると、2009年の政権交代の頃にはそもそも政党支持率の時点で与野党は拮抗していたのに対し、昨今の野党の支持率は一桁台を出たことがありませんね。野党が政権交代を目指すならまずはその時点で、「狭いコア層」の外側の「広い支持」を集めていく地道なナニカが必要なのではないでしょうか。

私は「政権交代可能な野党」が常に控えていることが民主主義として望ましいとは長いあいだずっと思っており、そういう意味で野党勢力に期待するところは大だったのですが、なんだか年々と「良くない意味で純粋志向」が高まっていく感じがあって…

「良くない意味の純粋志向」というのは、現与党の政治を非常に純粋主義的に

「絶対悪」

として設定し、それに対して

「絶対善」の自分たち

…という対置をしていく姿勢なんですね。

こういう姿勢だと「狭く深い」支持は取れるでしょうがその外側にリーチできないし、そもそもこういう姿勢で本当に「政権交代後の政治」を現実にリードできるのか、どんどん不安になってしまいます。

なにが良くないって、野党の国会議員は「こういう純粋志向の糾弾家ばかりではない」からです。もっと広い視野と現実感と具体的な政策知識の積み上げがある人も結構いる。

私は経営コンサルティング業のかたわら色んな個人と「文通」をしながら人生を考えるという仕事もしていて(ご興味があればこちら)、昔は野党国会議員の人もクライアントにいた(落選してしまってから関係は切れましたが今回は立民から立候補され、無事当選されたようです)んですが、その人はほんとうに一般的な「野党政治家のイメージ」とは全然違う深い責任感と広い視野とバランス感覚と知識量のある人で、

「へえ、野党政治家にもこういう人っているんだな」

…と”ものすごく驚いた”ことを覚えています。

私が感じたこういう↑”驚き”こそが「政権を任せても大丈夫そう」という信頼回復のために一番大事なことであって、「もっともっと華麗かつ過激に純粋悪である自民党政府のダメなところを糾弾してやろう!」という今の野党の基本路線は耳目を集めやすいとしても、それを聞いて「政権を任せても問題なく仕事できそう」と思ってもらえるのかどうか。

結果として自民党の支持率は増減するけれども野党の支持率は一桁台に貼り付いている・・・という現状に繋がっているのではないでしょうか。

いろいろな人が旧民主党の失敗で一般国民の信頼を失っていることが今の野党の重しになっているという話をしていますが、その意味での「仕事ちゃんとやれそう」感を回復していくためには、

むしろ「自民党政治を悪魔化しない」上で、「自分たちならココをこうする」という話をしていくことが、「政権交代可能な野党としての信頼」を得るための大事なプロセス

…のではないか?と思っていますし、今回維新や国民民主党が伸びた結果がそういう「国民の期待」を表しているのではないでしょうか。

しかし現実に「野党の中の主流」である立民・共産・れいわ方面では、「実際に自分がやることになった場合のバランス感覚」とかは捨て去って、「自民党政治家を絶対悪化」して全力で糾弾する人の方が野党内でも主導権を握りがちなのが、いいことなのかどうか、私はよくわかりません。

ただ、見ようによっては、

今の日本の野党は「政権を取る気は実は全くないが常に理想論をぶつけて政権の方針に影響を与える役割」という「昭和の日本社会党」のような存在になりつつあるのではないか?

…という指摘は非常に的を得ているかもしれず、ひょっとすると日本の「リベラル派」の願いはそれの方がスムーズに実現するかもしれないとも最近考えるようにもなってきています。

なぜか?というと、要するに社会構造がどんどん複雑化してきて、右を選ぶか左を選ぶか?みたいな単純な路線対立だけで物事が決められなくなってきているからなんですよね。

だから実際に政権を担う人は、「絶対善vs絶対悪」みたいな単純化した構図で話ができなくなるのは当然として、しかしそれだと「極論を言って議論を豊かにする役割」が失われて硬直的になりがちになる。

そこで、「別に現実性とかなくたっていいのだ」という「理想論」を極論としてぶつけるグループが、左に立民や共産、右に維新…と控えていて、それに殴られつつ自民党が融通無碍に舵取りをしていくというのは、非常に「日本人として理想的」な運営方法なのかもしれません。

過去10年に自民党が色々と強引な隠蔽的なことまでして政権にしがみついていたのも、国民の本能的総意として「政権交代して任せられる野党がいない(けど情勢の気まぐれで交代しちゃったら困る)」ことの本能的帰結だったところがあるので、「もう政権交代とかはほぼ無理と実はみんなわかっている」情勢になればなるほど、自民党の方にもスキを見せてもいい安定感が出てきて自浄作用を惹起できるようにも思います。

今回はその「現代の政治の複雑さ」をいかに民主主義制度の上で乗りこなしていくべきなのか?について考えてみる記事です。

2●アベノミクスは失敗とか成功とかでどちらかに割り切れる現象ではない

「単純な絶対悪・絶対善という世界観」自体が機能不全な時代だというわかりやすい例として、アベノミクスについての評価というのがあると思うんですね。

たとえばツイッターなどのSNSで野党支持者の中ではアベノミクスはとにかく「完全な失敗政策」だったということになっていて、その10年における日本の平均給与的なものを、しかもドル建てで表示したグラフを持ってきて「ホラ!アベノミクス時代に日本は貧しくなったのだ!戦犯は安倍だ!」というツイートはほとんど毎週どこかで万単位にバズっています。

立民の政策パンフにも載っているこういうグラフですね。



一方で、自民党側では、たとえば安倍政権時代に「データで見るアベノミクス6年の実績」というサイトを作っていて、


(上記サイトより引用)

・若者の就職内定率過去最高水準

・中小企業の倒産が28年ぶりの低水準

・正社員有効求人倍率が史上初の1倍超え

(中略)

・国民総所得過去最高の573.4兆円

・・・といった「実績」がアピールされています。(特にこの若者の就職率と、倒産件数の低下・・・というあたりは主観・体感的にも「かなり民主党時代と変わった」部分で、それが安倍政権の基礎的な支持を固める要因になっていたとはよく言われることですね。)

さて!

ここからが問題なんですが、なぜここまで野党支持者と与党支持者で「見ている世界」が違うんでしょうか?

これは「どっちかが嘘をついている」んでしょうか?

しかしこれは「どっちも現実」なんですね。見る角度が違ったら同じ事が違って見えるという現象にすぎない。

ざっくりと言うと、民主党政権末期に円高になりすぎて産業空洞化が懸念されていたところ、アベノミクスは色々と円安に誘導するようなことをやって、とりあえず国全体で「安売りしてでも仕事を取ってくる」状態にしたことでみんな忙しく働けるようにした・・・みたいな因果関係があるので。

・”雇用の量”的な面で言えば圧倒的に改善している

・”雇用の質”的な面で言えばかなり厳しい状況に追い込まれた

…という形になるのは表裏一体のどちらも真実な現象としてある。つまり「どちらも嘘を言っているわけではない」わけです。

昨今ではこの程度の「現実の多面性」すら否定して「敵側の世界観を全否定して内輪で盛り上がる」現象を「フェクトチェック」という名前で行うみたいな笑えない現象もよく見かけるので、みなさん気をつけましょうね。

あわせて読みたい

「政権交代」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    張本勲氏のサンデーモーニング卒業「喝!」を入れ続けたハリーにあっぱれ!

    中川 淳一郎

    12月06日 10:40

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    「街の書店が消えてゆく」…書店をめぐる状況は今、とても深刻だ

    篠田博之

    12月06日 09:54

  4. 4

    世界から人権侵害の一環として捉えられた彭帥問題 北京五輪への影響を中国は苦慮

    舛添要一

    12月06日 09:43

  5. 5

    「オミクロン株」を語るのは時期尚早 医者の矛盾した発言に違和感

    自由人

    12月06日 09:32

  6. 6

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  7. 7

    「もうやめました」パチンコ店に突撃した自粛警察が語る現在の心境

    石戸 諭

    12月06日 12:15

  8. 8

    『テレビ千鳥』料理企画に仕掛けた“美味しさで包んだ悪意”

    いいんちょ

    12月06日 10:02

  9. 9

    ふるさと納税を毎年続けるのは「罪深い」行為?

    内藤忍

    12月06日 13:01

  10. 10

    石川遼 “水差し謝罪会見” に男子ゴルフ界の大スポンサーが激白「お詫びは一切ない」

    SmartFLASH

    12月06日 11:47

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。