記事

自民党は党勢の維持、拡大のために総裁選を最大限に活用できたが、立憲民主党の代表選はどうなるか

小池さんが希望の党を起ち上げた時の勢いは大したものだったが、4年前の衆議院選挙の後の党内でのゴタゴタで党勢拡大の意欲を喪失し、希望の党から身を退くことにしてから希望の党が失速し、結局は希望の党の解体に始まり、最終的に消滅することになったことをご記憶の方は多いだろうと思う。

創業者が身を退くことになれば、どんなに志が高い人が後を引き受けようとしても創業者を凌ぐカリスマ的存在になることはまず不可能なので、基本的に創業者は如何に不遇な状況に遭遇してもグッと我慢してその苦境を凌ぐことが肝要である。

今回の枝野氏の代表辞任表明によって、立憲民主党が希望の党のような道を歩むことになるのか、それとも新しい代表の選出によって、4年前に枝野氏が当時の立憲民主党の創立を表明した当時のような世論の風を受けるような存在になれるか、何とも判断が付かない難しい状況が現出することになった。

早速色々な方の名前が上がり始めているが、外野席から眺めていると、皆さん、日光の手前・イマイチである。

まあ、来年の参議院選挙に備えて立憲民主党としての態勢を早急に整えなければならないという事情はよく分かるが、立憲民主党の皆さんにはどうも長期戦略がなさそうである。

それにしても、自民党は、実にいいタイミングで総裁選を実施したものだ。
総裁選の結果については不満がある方もおられるだろうが、あの総裁選で自民党はかつての自民党から脱皮できるチャンスを獲得したように思っている。

立憲民主党は、さて、どうなるか。

あわせて読みたい

「立憲民主党」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏「絶対失敗しかない」石原伸晃氏の参与任命は“岸田政権の罠”と大胆推測

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:59

  2. 2

    10万円のウイスキーは1万円のワインより実は割安

    内藤忍

    12月05日 11:16

  3. 3

    群馬・太田市の工場でクラスター発生 従業員計42人が感染

    ABEMA TIMES

    12月05日 16:50

  4. 4

    落選の石原伸晃氏、内閣官房参与就任の問題点。参与も国会チェックの範疇に入れるべき

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    12月05日 09:49

  5. 5

    「女性天皇になるか主婦になるか」引き裂かれ続けた愛子さまの20年

    PRESIDENT Online

    12月05日 13:41

  6. 6

    愛子さま 学業の傍ら蚕飼育10年以上「日本の伝統」守る決意

    女性自身

    12月05日 13:50

  7. 7

    ゼロリスク、ゼロコロナ追求で失う重大な勝因

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    12月05日 12:07

  8. 8

    世界で最も幸せなはずのフィンランドで、暗くて重苦しいヘヴィメタが流行るワケ

    PRESIDENT Online

    12月05日 12:34

  9. 9

    ワクチン検査パッケージ オミクロン株には効果なし? 検査陰性の罠

    中村ゆきつぐ

    12月05日 09:55

  10. 10

    海外から中国に移送される台湾人――犯罪人引渡し条約の政治利用とは

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

    12月05日 17:55

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。